ART & CULTURE

サマーラの全景© Shutterstock

[BRIEF HISTORY] 変わりゆく都市、サマーラ
小さな要塞から世界有数の工業都市へ、先端宇宙航空都市へ、そして2018年ワールドカップ開催地へ。変化を続ける都市、サマーラをひもといてみる。
01
1243:「サマーラ」という名称が歴史上に登場するまでは、まだ数百年の時間を要する。だが、ボルガ川とサマーラ川の合流地点に人間が住むようになったのは当然に見える。1243年、チンギス・カンの孫、バトゥはカスピ海と黒海沿岸に位置するロシアを征服し、キプチャク・ハン国を建国した。キプチャク・ハン国は天幕を黄金で飾ったため、金帳汗国とも呼ばれる。サマーラの一帯にもモンゴル人の黄金の帳幕が張り巡らされていたことだろう。
02
1480:モンゴルによる240年間のロシア支配は過酷なものだった。モンゴルの属国であるモスクワ公国が着実に力をつける一方、キプチャク・ハン国は五つのハン国に分裂した。国名がハン国、カン国などで終わればモンゴルやテュルク・モンゴル系国家だ。1480年、モスクワ公国のイヴァン3世がモンゴルを撃破したことで、ロシアはタタールのくびきから脱した。
03
1547:「雷帝」と呼ばれるイヴァン4世が即位した。彼は1552年、カザン・ハン国を併合し、1556年にはアストラハン・ハン国を征服した。サマーラをはじめ、ボルガ地域は次第にモスクワ公国の領土になった。
04
1586:イヴァン4世の息子、ピョートル1世がサマーラに要塞を建設した。「サマーラ」という地名が初めて登場した瞬間だ。サマーラは「夏」を意味する。
05
1780:サマーラから5キロのところに美しい堤防がある。1780年、堤防ができたことでサマーラは小さな要塞から港町へと発展し、中央アジアと欧州、シベリアをつなぐ要衝地になった。サマーラの政府機関や裁判所などの行政施設は1780年から1782年の間に建設された。
Female

イベルスキー修道院© Shutterstock

06
1850:サマーラの人口が5万人を超えた。一時は360人の修道女が住んでいたイベルスキー修道院も1850年に建てられた。1991年に復元されたイベルスキー修道院は、19世紀の美しい建築様式を見せてくれる。
07
1860:19世紀半ばを過ぎると、ドイツ人、ユダヤ人、中央アジアのムスリムなどさまざまな移住民がサマーラにやってきた。ロシア正教の信者が集う、金帳と大理石が華やかに調和した聖母主教座堂、移住したドイツ人らの慎ましい美学がうかがえるルーテル教会はいずれも1860年に建設された。1910年にはユダヤ教のシナゴーグも建てられた。ロシアで最も大きなモスクもサマーラにある。サマーラはロシアの代表的な多宗教の都市だ。
08
1877:オレンブルクとサマーラをつなぐ汽車が開通した。埠頭に入港する数千隻の船舶と鉄道が交差し、物流都市としての地位をさらに固めた。また、郊外も住宅地として開発され、都市の規模も広がった。高さ101メートルのサマーラ駅は欧州一の高層駅舎だ。
09
1881:サマーラはロシアの「ビールの首都」と呼ばれる。オーストリア貴族がボルガ川の東側地域にビールの醸造所を開いたが、1917年にソビエト赤軍が醸造所を差し押さえ、ビールの名前もロシア風に「ジグリョフスコエ」に変えた。ジグリョフはソビエト時代の代表的ビールであると同時に、チョコレートやロドニクのウオツカとともにサマーラの食品工業の象徴だ。ジグリョフの工場は現在も操業中だ。
Kuybyshev

クイビシェフの銅像 © Shutterstock

10
1918:1917年に反乱を起こしたソビエト赤軍は、翌年サマーラを占領した。1935年、サマーラ評議会議長出身のソビエト革命指導者が心臓まひで死亡すると、彼の名前を取って都市名をクイビシェフ市に変更した。サマーラは1991年までクイビシェフ市だった。クイビシェフ広場は現在も欧州最大の広場だ。
11
1941:ソビエト連合がドイツとの戦争を始めた。ロシアは1941年から1945年まで、第二次世界大戦に参戦した期間を「大祖国戦争」と呼ぶ。ソ連はサマーラを臨時首都としてモスクワ陥落に備えた。サマーラの人口は40万人から60万人に急増した。187カ所の軍需工場も移転した。
12
1942:1990年秋、サマーラの地方紙に「スターリンの192階段」というタイトルの記事が掲載され、スターリンの防空壕がほぼ半世紀ぶりに公開された。1942年2月から9カ月間掘り進めた地下37メートルの防空壕は、ヒトラーやチャーチルの防空壕より大きく、完成度が高い。6つの入口から入ることができるが、そのうち4つは落とし穴だ。
13
1957:都市の北側に水力発電所が完成した。ここから供給される電気でサマーラの工場を稼働させた。サマーラはロシアの中核工業都市の一つだ。現在もロシアのベアリングの4分の1、ケーブルの70%をサマーラで生産している。
samara

サマーラ宇宙博物館 Museum and Exhibition Center Samara Space ⓒ Shutterstock

14
1966:大祖国戦争当時、サマーラの軍需工場はIL-2(イリューシン2:ソ連を代表する戦闘機)生産の80%を担った。1942年に国立宇宙航空大学を開校するなどのたゆまぬ努力の結果、サマーラはソ連宇宙航空産業の中心地になった。1957年にはサマーラで人類初の宇宙ロケットR7(スプートニク1号)が打ち上げられた。初の宇宙船、ソユーズは1966年11月28日に打ち上げられた。翌年4月23日には初の有人打ち上げも行われたが、帰還途中に大気圏再突入に失敗し、宇宙飛行士が死亡した。初の有人宇宙船発射台を備えた宇宙航空都市だったため、冷戦期間のサマーラは外国人の立ち入りが制限されてもいた。
15
2018:サマーラの人口が最も多かったのは、1979年の120万人だった。工業都市や物流都市として華やかなりし時代を送ったサマーラだが、ソ連崩壊後は産業も停滞し、20年間にわたる経済危機を迎えた。しかし、2000年代に入ると景気が安定し、都市も活力を取り戻した。2018年に開催されたサッカーワールドカップではサマーラで6試合が行われ、世界の注目を浴びた。客室からボルガ川と都心を見下ろせるロッテホテルサマーラもこの年にオープンした。

ロッテホテルサマーラ

サマーラでの滞在:ロッテホテルサマーラ
サマーラ初の5つ星ホテル、ロッテホテルサマーラは都市の中心部の便利な立地にある。ボルガ川を見下ろす193室の客室は最新設備を備え、洗練されたデザインで滞在中最高のサービスを楽しむことができる。また、会議や打ち合わせのためにも最高の設備とサービスを揃えている。1400人まで収容可能な12のカンファレンスルームを備えており、ビジネスセミナーから国際フォーラムに至るまでさまざまな規模やスタイルのミーティングや宴会に対応できる。
住所110, SamarskayaStreet, Samara, Russia Lotte Hotel Samara
電話 +7-846-920-10-00
ホームページ www.lottehotel.com/samara-hotel
June 2019 編集:河在暻
文:李重翰

TOPICS IN THIS ARTICLE

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • June 2019
  • 編集: 河在暻
    文: 李重翰
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top