ART & CULTURE

都会のホテルのラウンジに滝が!
映画「ミッドナイン・イン・パリ」でパリの夜の街をあてもなく歩く主人公が目の前に止まった車に乗って過去に向かったように、ソウル・小公洞にあるロッテホテルソウルのペニンシュララウンジ&バーの滝が私たちを400年前の昔にいざなう。一杯の特製カクテルを片手に、滝の秘密を探りにいく。
高層ビルが立ち並ぶソウルのど真ん中で滝に遭遇する確率はどれほどなのか。多分ゼロに近いだろう。だが、あなたがロッテホテルソウルにいるなら話は違う。ロッテホテルソウルのメインタワー1階ロビーに入ると、視線が右手に吸い寄せられる。ペニンシュララウンジ&バー(以下、ペニンシュララウンジ)に「小公淵」という滝があるのだ。ガラス窓の向こう側で季節に応じて異なるたたずまいを見せる小公淵は、ホテルの常連客には以前から広く知られていた。日常とかけ離れた空間としてホテルが提供するゆとりのひと時に、都会のホテルにはめったにない滝が加わり、一層の魅力を放つ。気持ち良く流れ落ちる滝の水を眺めながら「忙中閑あり」を楽しむ人たちの中には、ホテルのラウンジにある滝の存在に疑問を持った人もきっといるはずだ。
롯데호텔서울 페닌슐라 라운지 & 바

ロッテホテルソウルのペニンシュララウンジ&バー

小公洞、その名前の由来
小公淵の歴史を知るため、ホテルができる前へと時間を巻き戻してみよう。ロッテホテルソウルが立つ場所は現在、「小公洞」という行政区域に属する。地名の多くが地形・地物や人物にまつわる興味深い物語を秘めているように、小公淵も小公洞という地名にヒントがある。
子どものころ読んだ童話を思い出そう。小公洞から何かイメージがわかないだろうか。小公洞は朝鮮王朝第3代王、太宗の次女である慶貞公主(王女)とゆかりがある。現在の行政区域でいえばソウルの中区小公洞。ここに慶貞公主と、その夫で「開国功臣」趙浚(チョ・ジュン)の息子、平壌君の住まいがあった。それで自然と「下の姫様(小さい公主)の町(洞)」と呼ばれ始め、その漢字表記がこんにちの小公洞になった。
小公主に思いはせ
朝鮮王朝時代の王女が暮らした家。ロマンチックな物語を持つこの地にホテルが建った。ロッテホテルソウルは建設にあたり、土地の由来に耳を傾けた。そしてホテル内に「小さい公主」の気品が宿ったという意味を込めて庭園と、これに似つかわしい美しい滝を設けた。それが今、ペニンシュララウンジの小公淵としてホテルの癒しのスポット、同時にフォトスポットになっている。1979年のロッテホテルソウルオープン時からある人工滝だ。
롯데호텔서울 페닌슐라 라운지 & 바

ロッテホテルソウルのペニンシュララウンジ&バー

カクテルを片手に時間旅行
広さ150坪(約496平方メートル)、約120席のペニンシュララウンジで好まれる席といえば断然、滝寄りの窓際だ。昼は暖かな日差しと甘美なクラシック音楽、そして美しい滝の水という三拍子がそろい、夜には心地よいジャズの調べとほのかな照明が何ともいい雰囲気を漂わせる。ここでカクテルを味わいながら400年前の朝鮮王朝時代へと時間をさかのぼろう。小公淵がモチーフの特別なカクテルも用意されている。
소공연 폭포 칵테일 메뉴, 리틀 프린세스와 리틀 프린스

小公淵から着想を得たカクテル。「リトルプリンセス」と「リトルプリンス」

それは「ウオーターフォール・フォー・リトルプリンセス(Waterfall for Little Princess)」をコンセプトにした2つの新しいカクテル。「リトルプリンセス(Little Princess)」と名付けられたカクテルは、ホワイトラムをベースにエルダーフラワー、ライムジュース、クランベリージュースなどを加えたもので、甘いフルーツの香りが魅力的だ。もう一つの「リトルプリンス(Little Prince)」は、ベリー類がベースのシャンボールリキュールとホワイトラムに、ライムジュースやソーダなどでさわやかな味わいと香りを際立たせたことが特徴。カクテルを飲みながら、かつて王女が暮らした町の風景をそっと想像するだけでも、日常に少し彩りが添えられる。
小公淵のカクテルメニューは12月31日まで。ペニンシュララウンジでは同期間、伝統手工芸ブランド「CHEYUL」とコラボした「小公淵タンブラー」と「小公洞ペンケース」を購入できる。タンブラーとペンケースには小公淵をイメージした美しい滝が螺鈿(らでん)であしらわれている。長く手元に置いてもらえる贈り物としても心ひかれる。
롯데호텔서울 페닌슐라 라운지 & 바

ロッテホテルソウルのペニンシュララウンジ&バー

ペニンシュララウンジでは、カクテルだけでなくアフタヌーンティーセットといったお茶とスイーツ、パスタやリゾット、ピザなどのイタリア料理を味わえる。夜のラウンジはカップルのデートスポットとして好評だ。毎晩7時から11時40分まで生演奏のジャズ公演が夜の滝をさらに輝かせ、ロマンチックなムードを演出するため。昼と夜、季節ごとに別の魅力を放つ滝、小公淵。その物語にはここを訪れる人たちの思い出も積もり続けている。

ロッテホテルソウルのペニンシュララウンジ&バー
住所
 ソウル市中区乙支路30 ロッテホテルソウル メインタワー1階
問い合わせ +82-2-317-7131
ホームページ www.lottehotel.com/seoul-hotel/ko/dining/peninsula-lounge-bar
March 2020 編集:金慧元
資料提供: ロッテホテル&リゾート

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top