ART & CULTURE

済州の夏服、カルオッ
夏が来た。済州のカルオッ(柿で染めた服)を着よう。カルオッは夏に生地を染め、夏に着る済州の伝統衣服。今がシーズンだ。
カルオッは柿で染めた服のことだ。主に木綿など、天然素材の薄い生地を染める。英語では、翻訳せず発音通りに「Galot」と書く。「Kimchi(キムチ)」や「Taekwondo(テコンドー)」のように、韓国固有の文化であることを強調するためだ。隣の日本にも柿渋染めがあるが、日本は柿の汁を発酵させて使うため、韓国とは方法が異なる。昔からカルオッは作業服として着られ、過去には済州島のどの家にもカルオッが1着以上あったという。昔に比べて着る人が少なくなったが、今も済州では普段着としてカルオッを着る人をよく見かける。
갈옷의 염료로 사용되는 풋감

カルオッの染料に使われる青柿

カルオッは夏に作る
済州のカルオッは、通常夏に染める。7、8月にまだ熟していない、小さく固い青柿(済州島の方言で「ポッカム」という)を取って果汁を絞る。柿の汁にはタンニン成分が含まれ、ねばねばしている。その汁を水と適度な割合で混ぜ、染める生地を浸ける。足でぐいぐいと踏んで生地全体に汁が染み込むようにした後、よく絞って天気のよい日に芝生の上や洗濯竿で干せばよい。
제주 갈옷

제주 갈옷

염색의 모든 과정은 수작업으로 이뤄진다.

染色の全ての過程は手作業で行われる。

他の染料で天然染めをする場合は生地を浸ければすぐに濃い色に染まり、1~2日乾かせば染色が完了する。しかし、柿染めは違う。最初はほとんど色がつかないが、日光と風を浴びてだんだん色が濃くなる。まるで柿が熟すように色が次第に褐色に変わる様子は、何度見ても神秘的だ。天然材料の柿の汁だけで染めるため、湿度が高かったり雨が降ったりするとカビが生えることもあり、きちんと広げて干さなければしみができることもあるため、染色は簡単ではない。雨の予報がなく、かんかん照りの日が数日続けば染色に適したタイミングだ。天気によって結果が変わるので、完成した色を正確に予測するのは難しい。
青柿を収穫した時から染色が終わるまでの全ての過程は手作業で行われる。染める人の経験とノウハウによって方法も少しずつ異なる。青柿を収穫する時期から水と混ぜる割合、柿の汁で染めた生地を乾かす方法、染色の完了を決めることまで、全て経験に基づいて判断する。レシピよりは経験と感覚だという点では、韓国料理と似ている。
제주 갈옷

입을수록 색이 어두운 빛깔로 변하는 갈옷

着るほどに暗い色に変わるカルオッ

カルオッは夏に着る
済州伝統衣服のカルオッは、主に夏に着る。柿の汁に含まれるタンニンの成分により、柿で染めたカルオッは張りがある。体にまとわりつかず、汗をたくさんかく夏に着るのに適しているのだ。昔に作業服としてよく着られたのもこのためだ。匂いもつきにくく、汚れにくいので毎日洗う必要がない。ダニもつきにくいので、外で畑仕事をするのに特によいとされる。
着ているうちにタンニンの成分が抜けて服はずっと柔らかくなり、色も次第に黒っぽく変わる。ある人はこれをカルオッの「短所」だとも言う。だが、どう着るかによって色が変わるため、同じ色が一つもないというところがむしろ魅力的に感じられもする。一人の歴史が服で表現されること、これはどんな化学染めの製品もかなわない、カルオッならではの特別な点だ。柔らかくなった服に再び張りを取り戻したいなら、もう一度染めればよい。済州には、こうして一着の服を何度も染め直して着る人も多い。
제주 갈옷

갈옷 공방 ‘정뱅이’에서 판매하는 다양한 감물 염색 상품들

갈옷 공방 ‘정뱅이’에서 판매하는 다양한 감물 염색 상품들

カルオッ工房「チョンベンイ」で販売しているさまざまな柿染めの商品

カルオッが買える場所
済州の各地で開かれる五日市や東門市場などの常設市場に行けば、カルオッを売る店を簡単に見つけることができる。市場で売っている服なので手頃な値段のように思われるが、カルオッは決して安価ではない。染める過程を知れば、それだけの価値がある服だということが分かる。
子ども向けのワンピースやノースリーブの服は張りがあって涼しいため、子どもたちが夏に汗を流して走り回っても匂いもせず、体に張りつかないので人気がある。また、柿で染めた生地で作った夏用布団も好まれる。柿染めのスカーフは真夏でも巻けるほど涼しい。
城邑民俗村にあるカルオッ工房「チョンベンイ」(済州道西帰浦市表善面城邑旌義県路22番道11)に行けば、さまざまな種類のカルオッに出会える。同店のカン・ユオク代表は「済州天然染色協同組合」の理事も務める。済州天然染色協同組合は6人の女性代表が集まった組合で、染色に関するノウハウを共有して製品を開発するほか、毎年共同でカルオッの展示会を開いている。
カン・ユオク代表は自ら染色も行う天然染色の匠だ。主に柿染めをするが、墨や藍、タマネギなど他の天然染料と混ぜて染めることもあり、花や木を使って模様染めをすることもある。天然染めの服は、一目見ただけではその魅力は分からない。生地の模様ひとつひとつをじっと見ていると、その中に自然が見えるようだ。まるで自然のように、一着として同じ服はない。
롯데호텔 제주

롯데호텔 제주

롯데호텔 제주

済州での滞在:ロッテホテル済州
ロッテホテル済州は500の客室を持つリゾートホテルだ。南アフリカ共和国のリゾートホテル「The Palace of the Lost City」をモデルにした設計と済州の恵まれた自然が調和し、異国的な雰囲気にあふれている。四つのレストランとラウンジがあり、韓国料理から日本料理、中華料理、洋食までホテルのシェフが厳選した最上の食材による料理が味わえる。また、四季を通じて楽しめる温水プールなど多彩な施設を備え、済州でのバカンスを楽しむのにぴったりだ。
住所 済州道西帰浦市中文観光路72番道35
電話 +82-64-731-1000
ホームページ www.lottehotel.com/jeju-hotel
July 2020 編集:金慧元
文:鄭ダウン
写真:朴頭山

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • July 2020
  • 編集: 金慧元
    文: 鄭ダウン
  • 写真: 朴頭山
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top