FOOD & STYLE

みんな一緒に、でも自分好みに。ベトナムの食文化トレンド
ベトナム・ハノイのレストランを訪れ、今ベトナムでもてはやされる料理とトレンドを探った。
「食足りて道理を知る」「天罰ですら食事の時間は避ける」というベトナムのことわざがある。ベトナムの人々の食に対する思い入れと食文化への自負はこれほどに強い。そしてベトナム料理を愛するのはベトナム人だけではない。世界中でベトナム料理のとりこになる人が日々増え続けている。
近ごろのベトナム料理界にはどんな風が吹いているのだろう。ベトナム米麺料理のフォーとブンチャー、サンドイッチ風のバインミー以外に味わっておくべき新しい料理があるだろうか、どんなメニュー、どこの店が話題を集めているのか。ベトナム最新の食文化トレンドをテーマに、いざ現場へ。

好みの食材を入れて煮るベトナム式のしゃぶしゃぶ、ラウ

ベトナムの人々にとってラウとは
何年か前、芸能人が旅をしながら評判の店を食べ歩くテレビ番組に見慣れないベトナム料理が登場した。その名は「ラウ」。テーブルの真ん中を陣取るどっしりした鍋にあふれんばかりの山海の珍味がぐつぐつ煮える様に、見る人は目を丸くし、並々ならぬ関心を寄せた。人々がこの料理に引き付けられた理由は明らかだ。ラウという料理を目にするのは初めてながら、妙に親しみを覚えるビジュアルなのだ。ぐらぐら煮立ったスープにおいしそうな食材をぜいたくに入れた料理は、しゃぶしゃぶ風とでもいおうか。韓国の汁物、鍋物にもそっくりだ。
ベトナムの外食業界は数年前からラウブームに沸いている。飲食店はこぞってラウをメニューに加えた。牛肉がメーンの店は牛肉のラウをメニューに載せ、魚介の店は魚貝のラウ、鶏肉の店は鶏肉のラウ、カエルの肉を扱う店はカエルのラウを出すといった具合だ。ベトナムにあるタイ料理店までもが、トムヤムクンのようなタイ伝統のスープにベトナムの食材を取り合わせたタイ式ラウを提供している。そう、ラウは特定の料理というより、一種の調理法といえる。数人集まってスープに食材をふんだんに入れて煮込んだとすれば、それがラウだ。

キノコ専門ラウの店「アシマ」

数多いラウの店の中から、ちょっと特別で高級感ある店を紹介しよう。キノコ専門ラウの店「アシマ(Ashima)」だ。この店のラウには名前を聞いたことがあるキノコがすべて入っていると思えばいい。キノコはアシマの農場で育てた。ヤマブシタケといったやや耳慣れないキノコはもちろんのこと、天然マツタケや冬虫夏草のような希少なキノコまで、もれなく味わうことができる。こくのあるスープにさまざまなキノコと野菜をたっぷり入れ、好みの肉も加えて煮込んだ鍋を食べているうち、鼻の頭に汗がぷつぷつ浮かび始める。何やら健康になりそうな気がしてくる。

住所 182 Trieu Viet Vuong, Bui Thi Xuan, Hai Ba Trung, Hanoi (他に3支店あり)
ホームページ ashima.com.vn

客足が途絶えることのないビュッフェレストラン「センホータイ」

勢い止まらぬビュッフェ、当代ローカルグルメの宝庫
ベトナムはビュッフェブームが真っ盛りだ。普段の食事代より少し高めでも食べたいものを思う存分食べたいという人たちは少なくなく、ビュッフェが広まった。ハノイとホーチミンの大型複合映画館(シネコン)では1~2フロアがすべてビュッフェレストランで埋まっていたりもする。ジャンルは韓国式のバーベキュービュッフェ、日本式ビュッフェ、ラウビュッフェとさまざま。そのうち、ベトナムを旅行する外国人にぜひおすすめしたいビュッフェレストランが「センホータイ(Sen Hotay)」だ。  
「タイ湖(西湖、ホータイ)のハスの花」を意味するセンホータイは、ベトナムの料理と食文化の両方を体験するのにもってこい。前菜からサラダ、肉料理と魚貝料理、デザートまで、ベトナム料理づくしだからだ。旅先でよく知らない料理を単品で注文するのは勇気がいるが、ビュッフェなら少量ずついろいろな料理を試すことができるため、初めての料理を体験する絶好のチャンスとなる。また、来店者のほとんどは家族での外食や職場の食事会で利用する地元の人たちで、ここで食事をすれば地元の人たちがどういった料理を好み、どんなマナーと雰囲気で食べるのか、ベトナムの日常を五感で感じ取ることができる。

前菜からメーン、デザートまですべてベトナム料理のため、旅行者におすすめしたい。

センホータイは常に大勢の客でにぎわっている。ビュッフェといってもシェフがその場で調理してくれるコーナーも多く、料理のクオリティーが高いため、店全体が活気に満ちあふれている。長い歴史を持つ伝統市場のうまいもの通りといった風情だ。スイーツコーナーにも注目してほしい。小豆や緑豆、ココナッツ、ライチなど地元の豊かな食材を使ったベトナム伝統のデザート、チェーが準備されている。ここベトナムでしか堪能できない、まさしくローカルの味わいだ。

住所 614 Lac Long Quang, Nhat Tan, Tay Ho, Hanoi
ホームページ sentayho.com.vn

生春巻きは世界中で愛される料理だ。

ベトナムで味わう生春巻き
今や韓国のどこにでもベトナム料理店があり、メニューも多彩だが、ベトナム料理が韓国に登場した当初はメニューがごく限られていた。そのころの代表的なメニューは何といっても米麺料理で、今なお名実ともに不動の「ナンバーワン」の座を守っている。そして「ナンバーツー」につけているのが生春巻きだ。ライスペーパーに野菜やエビ、パイナップル、豚肉などを載せ、くるくる巻いて食べる生春巻きは韓国でも広く好まれている。

現地の生春巻きはどんな味なのだろう。自分で好きなように巻いて食べられる生春巻き専門店「クオン・エヌ・ロール(Cuon n Roll)」を紹介する。「クオン」は「巻く」こと。テーブルに着くと自動的に、ライスペーパー、熟成発酵させたベトナム伝統のフィッシュソース、野菜をたっぷり盛った皿が出てくる。客は生春巻きに入れるメーンメニューだけ選んで注文すればいい。とりわけ豚肉の串焼きとエビフライが絶品だ。野菜の皿から新鮮な野菜をひとつかみしてライスペーパーの上に載せ、青バナナと青マンゴー、香味野菜、肉やエビなどのメーン食材を重ねて巻き、フィッシュソースやピーナッツソースにつけて食べると、たちまち口の中一杯にベトナムが広がる。夢中で食べているうちに食材を盛った皿の底が見え始める。するとそのタイミングで店員が現れ、野菜を大盛りにした新しい皿に取り替えてくれる。いくら食べても尽きることがない魔法のシステムのおかげで、この店では食べ足りないということが決してない。

住所 17T6 Hoang Dao Thuy, Trung Hoa, Thanh Xuan, Hanoi (他に3支店あり)
ホームページ cuonnroll.com
全体の中の個
ラウにビュッフェ、生春巻き――。これらの食トレンドから「全体の中の個人」という一つのキーワードが浮かび上がってくる。いずれも一つの食卓に並ぶごちそうを大勢が囲んで食べるのだが、各自の好みを十分に尊重する料理でもある。食事を一緒に取ることで気持ちを通わせつつも、それぞれが口に運ぶ料理の食材や調理法はいくらでも自分好みにすることができる。その点で、細分化・多様化していく好みへの対応を重視する今の世界トレンドとも通じるものがある。個人の好みを尊重すると同時に共同体の価値も受け継いでいくという、ベトナムの人々の思いがにじんではいまいか。

ハノイでの滞在: ロッテホテルハノイ
ロッテホテルハノイは、ハノイのランドマークに定着したロッテセンターハノイの上層階にあり、街全体を見下ろす素晴らしい眺めが自慢だ。318室の客室はベトナムの伝統文様を取り入れたデザインが美しい。ベトナムの特産物と世界各地から取り寄せた新鮮な食材を使った美食を味わえるレストラン、ハノイのスカイラインを見渡せるルーフトップバーなどが旅行者を楽しませている。

住所 54, Lieu Giai St. Cong Vi Ward. Ba Dinh, Hanoi
問い合わせ先 +84-24-3333-1000
ホームページ www.lottehotel.com/hanoi-hotel 
May 2022 編集:李英朱
文:田慧仁
写真:田慧仁

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • May 2022
  • 編集: 李英朱
    文: 田慧仁
  • 写真: 田慧仁
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top