FOOD & STYLE

価値を高める包装、ポジャギ
ポジャギ(風呂敷)が日常の小物ではなくなった時代。控えめな上品さで韓国の美と色彩を表現した好好堂(ホホダン)のポジャギが、新たなライフスタイルを提案する。
ポジャギは主役になったことがない。布や反物が貴重だった時代は服を仕立てて残った端切れがポジャギの材料になり、食事を覆うための「パプサンボ」、寝具を包んでおくための「イブルボ」など、用途に応じて呼び名も違った。ポジャギはかつて、物を包んだり運んだりするのに最も手軽な日用品であり、礼節と格式を備えた冠婚葬祭のためにも使われた。ところが、21世紀に入ると西洋スタイルのバッグや華やかな包装紙に助演の座さえも譲ってしまった。

(左)赤いチュルノバンポジャギを使ったラッピング/(右)商品券や手紙を包むためのポジャギ

そんな時代でも、韓国らしい生活小物をデザイン、製作している好好堂では今なおポジャギが中心を占めている。好好堂の楊正珢代表は子どものころからポジャギになじみがあった。歴史劇の衣装を手がけていた祖母と父の影響で、買い物袋や包装紙の代わりにポジャギを使ったりしていた。そんな彼女が、今では自らポジャギを製作している。楊代表は、昔から使われてきた物の価値を信じている。この地に暮らしていた人々が長きにわたり使ってきた物なら、自分たちの生活にとって健康的で、役に立ち、良い意味を持っていると考えている。「賢い暮らしを支える最低限の物」。彼女は昔の物をこう表現するが、その一つがまさにポジャギなのだ。

上品で柔らかな色合いが美しいサンタンポジャギ © 好好堂

好好堂で販売するさまざまな素材、色、模様のポジャギは、二つのことを考えて作られている。一つは現代の暮らしになじむ、使いやすく、扱いやすい素材であること。洗濯できて繰り返し使える、エコなものでなければならない。二つ目は、伝統の美しさとモダンな美を兼ね備えた色とデザインであること。韓国的な美しさは華やかすぎず、自然と調和することにある。好好堂のポジャギは、こうした韓国の伝統美を生かしながらも洗練された色彩とモダンなデザインを備えているのが特長だ。

「ポジャギはさまざまな用途に使えます。たくさん物を持たない賢い暮らしを支えてくれる、最低限の物なのです」
好好堂代表の楊正珢
好好堂は昔の物を現代の暮らしに持ち込み、韓国文化を伝える役目も果たしている。韓国に店舗を置く海外ブランドのグッチ、フェラガモ、ボッテガ・ヴェネタなどのためのポジャギを製作したほか、2018年平昌冬季五輪マスコットのスホランが着た伝統衣装・韓服や、メダリストに贈られたスホランとバンダビのぬいぐるみに付けた造花も手掛けた。

好好堂のポジャギの包み方

サンタンポジャギ © 好好堂

主役ではなかったものの、韓国人の特別な日にはいつもポジャギがあった。昔も今も、婚礼のための進物や祝祭日の贈り物を包むのに使われている。ポジャギで丁寧に包めば、一層価値のある品格の高い贈り物になる。好好堂は、ポジャギを使った「素朴ながらも気品のある暮らし」を提案する。ワインでも写真集でも時計でも、どんな形の物でもポジャギは受け止め、包んでくれる。贈る人の真心も一緒に。

ピクニック用のポジャギの包み方 © 好好堂

January 2019 編集:金慧元
写真:朴誠永 資料提供: 好好堂

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • January 2019
  • 編集: 金慧元
  • 写真: 朴誠永
  • 資料提供:
    好好堂
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top