TRAVEL & EXPERIENCE

クリエイターたちの遊び場、L7弘大
アートとカルチャーの中心地、ソウル・弘大(ホンデ)エリアにはライフスタイルホテル「L7弘大」がある。L7弘大は芸術マインドにあふれた人たちが新たなインスピレーションを得るための、あるいは都心でリラックスしてくつろぐためのニューカルチャーステーションだ。
一般に「弘大」と呼ばれる弘益大学エリアは韓国における芸術の中心地であり、シンボルでもある。有名な美術大学もあり、ここを拠点に多くの美術家やミュージシャン、作家、デザイナーたちがクリエイティブな作品を生み出している。芸術家たちはここ弘大で絵を描いたり、執筆したり、演奏したりする。

L7弘大をスタイリッシュに楽しむ方法
2018年1月31日、ロッテホテルの三つ目のライフスタイルホテル「L7弘大」が弘大エリアの中心部に開業した。観光とショッピングの中心地・明洞、ファッションと韓流の中心地・江南に続き、アートとカルチャーの中心である弘大にL7がオープンしたのは、ある種、自然なことといえる。想像力豊かなクリエイターたちが集まれる場所を作ったのだ。

L7弘大には、韓国の他のホテルにはないような特徴的なスペースがある。このうち最も注目すべきはホテル最上階に位置するルーフトップ(屋上)バーとプールだ。バンコクやマイアミのリゾートホテルにありそうなルーフトップバー「フローティング」(Floating)と屋上プールではカクテルや有名ミュージシャンのライブ、プールパーティー、弘大エリアの美しい夜景を楽しむことができる。屋上から階段を1フロア降りるとオープンキッチンレストラン「フローティング」があり、ニューヨークスタイルのブランチや旬の食材を使った作りたての料理をサーブする。

L7弘大のもう一つの魅力は、21階に位置するブルールーフ(Blue Roof)ラウンジだ。ここはかつて弘大エリアのランドマークだったチョンギワ(青い瓦)ガソリンスタンドにインスピレーションを得た出会いと交流のスペースで、「カルチャーチャージステーション」としての機能を果たしている。誰でも利用できるオープンスペースになっており、美術、音楽、デザイン、旅行など様々な分野の本をはじめ、弘大周辺の独立出版社と共同でキュレーションした刊行物、LPレコードコレクションなどを提供する計画だ。また、1階には韓国だけでなく世界的にも有名なグラフィティアーティストのボムミン(BFMIN)の作品が飾られており、レストランやラウンジの天井にはデザイナーの李光鎬のループを素材にしたオブジェが吊り下げられている。これらはL7弘大が他でもない弘大エリアにあるべき理由を示している。

セルフチェックイン・チェックアウトシステム

ITに慣れた自由な世代のためのスペース
L7弘大はITに慣れたミレニアル世代のための場所でもある。ホテルには、ロッテ情報通信と共同で開発したセルフチェックイン・チェックアウトシステム「エルキ(L-KI)」を導入している。エルキはL7とキオスクの合成語で、予約時に携帯電話に送られた予約番号やQRコードを使って簡単にチェックインできるようになっている。チェックインするとカードキー「ラッキー」(Luckey)が発行される。

弘大というエリアの特性を考慮し、ホテルスタッフのユニフォームやホテルのインテリア、客室構成も一般のホテルとは大胆に変えた。地上22階建てのホテルはインテリアからスペース構造、仕上げ材、家具、小物の一つ一つまで趣向を凝らしている。デザイナーのイ・ジュヨンが手掛けたユニフォームは幾何学的なグラフィティグラフィックとグレー、レッド、イエローなどのカラーをバランスよく取り入れたユニークなもので、まるで作品を見ているかのようだ。こうした個性は客室にも表れている。2人以上の友人同士で1室に泊まれるようシングルベッド3台を置いたトリプルルーム、デザイン性のある家具やインテリアでまとめたスタジオスイート、「野外で楽しむローカルオアシス」という意味を持つテラス付き客室のロアシススイートなど、バラエティ豊かな340室を備えている。

新しい経験とインスピレーションに満ちた「オープンスペース」を提供するというL7弘大のブランド哲学が、パーティーや音楽を愛するクラバー、自由奔放なアーティスト、ヒップスターなど芸術マインドにあふれた人たちと出会うとき、初めてL7弘大は完成する。平凡な日々を楽しい非日常に変えるカルチャースペース、L7弘大はこのエリアで活動するクリエイターたちのパーフェクトな「遊び場」になるだろう。
お問い合わせ +82 2 2011 1007      www.lottehotel.com/hongdae-l7
December 2018 編集:鄭宰旭
資料提供: L7弘大

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • December 2018
  • 編集: 鄭宰旭
  • 資料提供:
    L7弘大
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top