TRAVEL & EXPERIENCE

ニューヨークで春を迎える方法
ニューヨークの春は、蘭の花が告げてくれる。毎年2~3月、米国最大規模の植物園の一つ、ニューヨーク植物園で開催されるオーキッドショー。昼は世界の珍しい蘭を鑑賞し、夜には一風変わったパーティーを楽しめる。
になると万物がよみがえり、木にはつとめる世界の花のなかでも、蘭はその奥ゆかしい香りと優雅な姿が特徴だ。韓国では「四君子」と呼ばれ、海外でも愛されてきた。特に米国では花卉市場で最もよく売れる植物の一つが蘭だという。例えばハワイのヒロ(Hilo)などは洋ランが多く栽培されていることから、「蘭の島」と呼ばれるほどだ。米国の人々の蘭に対する思い入れは特に深く、毎年開かれるニューヨーク植物園(New York Botanical Garden)の「オーキッドショー(The Orchid Show)」は、チケットが売り切れるほど人気が高い。
오키드쇼

ニューヨークに春を告げるランの香り。世界の珍しいランが並ぶニューヨーク植物園のオーキッドショー。
米国最大の蘭の展示会
ニューヨークのつの行政区のうちブロンクス(Bronx)、一時麻薬犯罪温床として悪名高地域だった犯罪が多発する街で人々は生きる道を失い、通りの家々は空き家になり、ホームレスが徘徊した。そんなブロンクスを変えたのは黒人たちだった。彼らはヒップホップやBボーイ、グラフィティ(落書き)を生み出し、ブロンクスの文化を徐々に変化させていった。これこそがアーバンカルチャー(Urban Culture) の始まりである。この都市は人種のるつぼであるだけに、文化の多彩さでも知られる。大リーグを代表するニューヨーク・ヤンキースのホーム球場であるヤンキー・スタジアム、1899年にオープンした世界で2番目に大きいブロンクス動物園(Bronx Zoo)、そしてニューヨーク植物園もある。1891年に設立されたニューヨーク植物園は、100万平方メートルにのぼる敷地に約15000種の植物が植えられ、ワシントンD.C.の米国国立植物園(United States National Arboretum)、シカゴ植物園(Chicago Botanic Garden)などと肩を並べる大きな植物園の一つに挙げられる。
오키드쇼

年間100万人れるニューヨーク植物園ではさまざまなイベントをっているそのうち最も有名なのが、クリスマスシーズンに開かれるホリデートレインショー(Holiday Train Show)と、春の訪れを告げるオーキッドショーだ。ホリデートレインショーはニューヨークの歴史的な建物を木の皮や花、木の実で再現し、その間におもちゃの列車を走らせるイベントだ。また、2003年に始まり、今年で17回目を迎えるオーキッドショーは、毎年23月に開かれる米国最大の蘭の展示会だ。毎年約15万人の人々が訪れ、これまでキューバ、ブラジルなどの珍しい蘭を紹介して話題になった。
오키드쇼

오키드쇼

ニューヨークで出会うシンガポール
今年のオーキッドショーのテーマはシンガポールシンガポールの国花である蘭は、硬貨にも刻まれているほどシンガポールを象徴する存在である。蘭を外交に活用していることでも有名で、シンガポール国立蘭園(National Orchid Garden)では国賓を迎えた時に、その人物の名前をつけた蘭を植える行事を行っている。これまでに英国のエリザベス女王、南アフリカのネルソン・マンデラ大統領(当時)、韓国の俳優ペ・ヨンジュンの名前をつけた蘭が植えられたほか、昨年は文在寅大統領と金正淑夫人もここに名を並べた。今回のオーキッド・ショーは、そんなシンガポールへの敬意を表す記念行事としてシンガポールの公園、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)とシンガポール国立蘭園の協力で開催される。
오키드쇼

今回のオーキッドショーでは、絶滅危惧種ニューヨーク植物園数千種展示されるほか、交配研究分野くの業績をもつシンガポールでたにされた品種ることができるまた、シンガポール最大の名所、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを象徴するスーパーツリー(Super Tree)にオマージュを捧げる空間も登場する。
오키드쇼

오키드쇼

今回のオーキッドショーではさまざまなツアーやイベントも用意されている会期中毎日、昼12時半から行われるインサイダーツアー(Orchid Insiders Tour)では、蘭の生態と研究員の研究成果を紹介する。また、蘭のケアデモンストレーション(Orchid Care Demonstration)では、蘭の育て方や病害虫への対処法などを専門家がレクチャーする。特に31617日と3031日には香りのよい蘭の花を開かせる方法について詳しく教えてくれる。
오키드쇼

植物園で楽しむナイトパーティー
オーキッドショーでは展示以外にも話題を集めているイベントがある。夜間に開かれるパーティー「オーキッドイブニング(Orchid Evenings)」だ。今年は3162330日と、4月の金曜日および土曜日(56121319202627日)の夜7時から10時まで開かれるこのパーティーは、ニューヨークでも異色のイベントの一つに数えられる。
오키드쇼

오키드쇼

昼間は家族連れでにぎわっていた植物園も、この時間帯になるとイブニングドレスと華やかなアクセサリーに身を包んだ華やかな人々であふれる。会場の片隅ではDJがクラブミュージックで場を盛り上げ、バーテンダーがカクテルをつくっている。園内は色とりどりのネオンが輝き、スペシャルコンサートが開かれることもある。パーティーが盛り上がると、カクテルやビールを手にしたカップルが蘭の香りの中で自撮りを楽しむ姿もみられる。巨大なサロンやクラブを連想させる植物園は、さらに大きな人気を呼んでいる。
오키드쇼

蘭は12000万年前から人類とともに歩んできた。その間に蘭は人間以上に進化を遂げ、世界のほとんどの地に根を張るようになった。蘭は人間が愛する植物の一つだ。中国では3000年前から蘭を栽培している。西洋では18世紀から19世紀にかけて蘭の採集が流行した時、遠く中国やインドにまで蘭のための遠征隊を送っていたという。蘭は育てるのが難しい花として知られているが、一度花を開かせると人々はその優雅な香りに魅了され、蘭を愛おしんできた。今年のオーキッドショーは223日から428日まで開催される。これまで人類の歴史とともに歩んできた貴重な蘭を見逃す手はない。
March 2019 編集:河在暻
文:李時雨
資料提供: ニューヨーク植物園

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top