TRAVEL & EXPERIENCE

ウラジオストクからの贈り物
ウラジオストクが脚光を浴びている。近い国なのに異国情緒を楽しめる上、美味しい料理が手ごろな価格で味わえる点が人気の秘訣だ。その上、バラエティ豊かなお土産も揃う。
昨年からテレビ番組のロケ地として登場するようになったウラジオストクが、今年は人気旅行地として定着しそうだ。2時間という短い飛行時間で、異国的な風景とコスパの高いグルメが楽しめるのが一番のセールスポイント。お土産もまたしかりで、一般的にロシアのお土産といえば、シラカバからとれるチャーガ(カバノアナタケ)、キャビア、琥珀、毛皮の帽子、マトリョーシカなどが挙げられるが、ウラジオストクのお土産はさらに満足度が高い。
아가피아 할머니의 레시피

アガーフィアおばあちゃんのレシピ
ウラジオストクは、モスクワまで9000キロ以上の距離を横断するシベリア鉄道の始発駅だ。1893年、最初にできたのがウラジオストク駅。シベリアといえば多くの人が雪原を想像するが、冬を除けばシベリアには花畑がたくさんある。「アガーフィアおばあちゃんのレシピ」は、シベリアの食材やはちみつを材料に、伝統的な配合でつくられた天然化粧品ブランドだ。シャンプーやせっけん、ヘアマスクが特に人気だが、製品の容器には英語の説明書きがないため、「シャンプー(шампунь)」などロシア語の表記をあらかじめ覚えてから行くか、写真に撮っておくことをお勧めする。中央広場近くのグム百貨店やアルバート通りに近いクローバーハウスショッピングセンターなどで購入できる。
네바 페이스 크림

ネバのフェイスクリーム&チョルニー・ジェムチュークの黒真珠クリーム
「人参クリーム」「真珠クリーム」として有名なネバのフェイスクリーム&チョルニー・ジェムチュークの黒真珠クリーム。ネバ(Neva)は、ロシアを代表する化粧品ブランドの一つだ。保湿効果に優れた人参クリームが一番人気だが、他の製品も高品質で、フェイスクリーム、ハンドクリーム、フットクリームなどどれもお勧めできる。チョルニー・ジェムチュークの黒真珠クリームは、年齢別に26+、36+、46+、56+の4種類のラインがある。36+は油分が少なく、56+は油分が多い製品なのでお肌のタイプに合わせて選べばよい。数字の下にはロシア語が書かれているが、黒い背景ならナイトクリーム、白い背景ならデイクリームだ。ロシアの化粧品は一般的に大型スーパーやドラッグストアで簡単に買い求めることができる。
꿀

ハチミツ
シベリアとアルタイは世界的なハチミツの産地だ。リーズナブルで高品質、偽物の心配もないためロシアで買ってきたハチミツなら信頼できる。胃腸障害やぜんそくには菩提樹のハチミツ、抗菌・抗炎症効果のある栗のハチミツ、免疫力強化にはプロポリスハチミツ、老化防止には野の花のハチミツがお勧めだ。ハチの巣がまるごと入ったハチミツは栄養分がより多い。ブルーベリーや生姜、チョウセンマツなどを配合した混合ハチミツはロシアでしか手に入らない。スーパーや百貨店でも売られているが、市場の方が安価で品質のよいハチミツが買える。市場のハチミツは丸いプラスチック容器に入っており、丈夫で割れにくい。週末には革命戦士広場の前でハチミツマーケットが開かれるので、日程が合えば逃さずチェックしたい。
ロシア旅行のお土産といえば、シラカバから取れるチャーガ(カバノアナタケ)、キャビア、琥珀、毛皮の帽子、マトリョーシカなどが挙げられるが、ウラジオストクのお土産はさらに満足度が高い。
벨루가 보드카

ベルーガのウォッカ
ロシアを象徴する最も代表的なアイテムはウォッカだろう。ロシアのウォッカは、アルコール度数が高い分、質が落ちるのではという先入観を持つ人も多いが、ロシアのレストランでは手ごろな値段でウォッカを味わうことができる。好みに合わせてお土産用にウォッカを購入するのもよい。最高級プレミアムウォッカブランドのベルーカは、プーチン大統領が愛飲しているとされ、口コミで人気を集めた。ゴールドラインなどの高級ラインでなくとも、品質は折り紙付きだ。スーパーで購入できるが、時々割引イベントを行うクローバーハウスなどの大型ショッピングセンターに立ち寄るのがお勧めだ。
러시아 황실 도자기

ロシア皇帝の陶磁器(IPM)
1925年から使用されてきた「ロモノーソフ」という名前でも有名だが、2005年からは再び昔の名前を使用している。以前は国力を計る基準の一つが火力の制御技術だった。その技術の集大成が製鉄と陶磁器製造だ。陶磁器と呼ばれる製品は1000~1200度で焼く陶器(ポタリ―)と1300~1800度の高温で焼く磁器(ポーセリン)に分けられる。1744年に設立されたIPM(Imperial Porcelain Manufactory)は、ブランド名が示すように優れた技術を持っている。華やかな装飾と軽さが魅力だが、値段もそれなりに高価だ。それでも、記念になるお土産を探すなら選択肢に入れるべきアイテムだ。革命戦士広場近くのイズムルドプラザにショップがある。
April 2019 編集:鄭宰旭
文:李重翰
資料提供: 李東赫(イラストレーター)

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top