TRAVEL & EXPERIENCE

ベルク・ロースターズの2階 © ベルク・ロースターズ

[INSIDER GUIDE] エディットの設立者でクリエイティブディレクターの呉善姫が発見したカラフルな釜山
ファッションコンサルティングスタジオ「Edit(エディット)」の設立者で、エディットのグッズブランド「by edit」のクリエイティブディレクターである呉善姫。彼女はそれが何であれ、自分なりの基準で企画、編集することに長けている。「誰もが知っているものを、特別かつ新しい観点で見つめ、認識させること」をエディティングの最も重要な価値に挙げる呉善姫代表に、彼女がとりわけ愛する都市、釜山のエディティングをお願いした。
「戦争によってつくられた短い歴史とその歴史から生まれた食べ物(クッパ、ミルミョン)、華やかで、富を誇示することに物怖じしない釜山の人たち特有の気質が好き。それに釜山に行けば、好きなカラーで彩られた建物のおかげでとても楽しい」
エディット代表の呉善姫
감천문화마을

甘川文化マウル(村)

最も「釜山らしい」風景とは?
タクシーに乗って広安大橋を通る時に見える三原色のカラフルな三益ビーチタウンを目にするたび、「あぁ、これが釜山だな」と思う。三益ビーチタウンは1980年に建てられたマンション群。美しいカラーが自慢な甘川文化マウル(村)も、他にない、愛らしい釜山の風景だ。この街はどうやってこんなカラーと元気を持つようになったのだろうか、いつも驚かされ、感嘆する。

・三益ビーチタウン
住所
 釜山市水営区広安海辺路100 三益ビーチタウン

・甘川文化マウル
住所
 釜山市沙下区甘内2路203 甘川文化マウル案内センター
問い合わせ先 +82-51-204-1444
ホームページ www.gamcheon.or.kr
손목서가

ソンモク書架 © ソンモク書架

お気に入りのショップは?
詩人のユ・ジンモク氏が運営する書店「ソンモク書架」。
住所 釜山市影島区ヒンヨウルキル307
問い合わせ +82-51-8634-0103
インスタグラム www.instagram.com/sonmokseoga
リラックスするのに良い場所は?
「タルマジキル(月見の道)」の散歩をおすすめしたい。
住所 釜山市海雲台区中洞タルマジキル
問い合わせ +82-51-749-5700
베르크 로터스

ベルク・ロースターズ地下1階のコーヒー・バー © ベルク・ロースターズ

お気に入りのカフェは?
田浦洞の「ベルク(WERK)・ロースターズ」。地下1階から地上2階まで3フロアのロースタリーカフェだ。
住所 釜山市釜山鎮区西田路58番キル115
問い合わせ先 +82-51-992-1113
ホームページ www.werk.co.kr
最高のレストランは?
釜山にはフグ料理店の「草原ポックッ」が何店舗かあるが、いつも大淵洞の草原ポックッに行く。中央洞の「中央食堂」と海雲台の「巨大カルビ」も外せない。

・草原ポッ(フグ)クッ 大淵本店
住所
 釜山市南区黄嶺大路492番キル30
問い合わせ +82-51-628-3935

・中央食堂
住所
 釜山市中区海関路20-3
問い合わせ +82-51-246-1129

・巨大カルビ
住所
 釜山市海雲台区タルマジキル22
問い合わせ +82-51-746-0037
 
부산근대역사관

釜山近代歴史館

お気に入りのギャラリーは?
「釜山近代歴史館」と、釜山を代表するグルメ、亀浦ククス(亀浦洞一帯で生産される麺を使った料理)の博物館「亀浦ククス体験館」。何といっても亀浦ククスのパッケージがいい。ニュートロ(「ニュー」と「レトロ」の造語。「ダサかわいい」)がトレンドになる前から、亀浦ククスはいつだってただ可愛らしく、「自分たちなりに一貫してやっていく」という感じが変わっていない。

・釜山近代歴史館
住所
 釜山市中区大庁路104
問い合わせ +82-51-253-3845
ホームページ museum.busan.go.kr/modern

・亀浦ククス体験館
住所
 釜山市北区亀浦万歳キル109
問い合わせ +82-51-342-9495
ホームページ www.guponoodle.co.kr
구포국수

可愛らしい亀浦ククスのパッケージ

お気に入りのバーは?
水晶洞の「モティ(Mottie)」。釜山を一望できる山腹道路にあるウイスキー&コニャックバー。
住所 釜山市東区望洋路669 地下1階
問い合わせ +82-10-3828-5305
インスタグラム www.instagram.com/mottiemaster_
隠れた宝石のような場所は?
最高のチャンポン麺を食べられる「ヘフン館」。隣の店でキンパッ(のり巻き)を買ってきて一緒に食べるべし。
住所 釜山市東区古館路106
삼익비치타운

三益ビーチタウン

インスピレーションを得る場所は?
私が最も愛する建築物、南川洞のマンション「三益ビーチタウン」。by editの「三益ビーチタウン」ラインはこのマンションそっくりのバッグを作りたいという思い付きから始まった。カラフルな、昔からのマンションは、エディットのオフィスにしたいくらいだ。それと、今はもうない、ヨット競技場そばの「シネマテック釜山」でエリック・ロメールの映画を見たことがなおも印象に残っている。
住所 釜山市水営区広安海辺路100 三益ビーチタウン
釜山でぜひとも買うべきものは?
機張にある水産物市場で売っているワカメや煮干しは後悔することのないチョイスだ。
住所 釜山市機張郡機張邑邑内路104番キル16 機張市場水産物販売場
오선희 대표

오선희 대표

呉善姫代表

About Insider: 呉善姫、堂々として華やかな釜山を愛する人
釜山は朝鮮半島の南端に位置する海沿いの都市だ。朝鮮戦争期には多くの避難民が暮らし、臨時首都の役割を果たした。その後、韓国経済の急速な発展を追い風に、韓国随一の貿易港、そして太平洋沿岸で有数の港湾都市の一つとなった。海辺に沿って発達した海水浴場のおかげで、早くから人々に人気の観光スポットでもあった。チャガルチ市場に代表されるグルメの街、釜山国際映画祭が開催される映画の街、熱狂的なファンを持つ野球の街としても知られる。
エディットの呉善姫代表に「釜山」という都市に対する感想を尋ねた。「ファッションブランドでいえば、釜山はいつだってシャネルみたいです。ツバキの花が余計にそう思わせるのでしょう。堂々として華やかなんです」。偶然にも釜山とシャネルを代表する花はいずれもツバキ(カメリア)だ。だからといって花を共通項にこの両者をくくる人もそういないだろう。
呉善姫代表はファッション雑誌「ハーパーズバザー」韓国版でファッションディレクターとしてキャリアを積み、ファッションコンサルティングスタジオのエディットを始めた。そしてエディットのグッズブランドであるby editを通じて一般消費者にも名前を知られるようになった。by editはバッグやTシャツなど、デザインによって販売数量を限定したリミテッドエディションの商品を提供するのだが、常に完売を記録する人気ぶりだ。呉善姫代表はエディティングの重要な価値を、「誰もが知っているものを、特別で、新しい観点から見つめ、認識させること」と語る。最終的にはコンサルティングやグッズ(バッグやTシャツ、カップなど)、出版、映像などを手掛ける、エディットと称したファッション&文化プラットフォームを構築することが目標だ。
他の国、他の都市ではない、自分が生まれ育ったところの味わいを語りたかったという彼女が最近注目するのは、釜山と釜山のカラーだ。ソウルで生まれ育った呉善姫代表にとって、釜山は断然お気に入りの都市。「3歳の時、9カ月ほど釜山で暮らしたことがありますが、まったく記憶にありません。釜山になじんでいると言ったら地元の人たちにきまり悪いですし、私はただ、『この街をとても良く知っている気がしていた』くらいで自分の愛情を表現したいと思います」。彼女は最近、by editを通じてシティガイドブック「エディット釜山」と、釜山で発見したカラーからインスピレーションを得た「釜山エディション」のバッグを披露した。「戦争によりつくられた短い歴史とその歴史から生まれた食(クッパ、ミルミョン)、華やかで、富を誇示することに物怖じしない釜山の人たち特有の気質が好きです。それに釜山に行けば、好きなカラーで彩られた建物のおかげでとても楽しいんです。そんな真っすぐでカラフルなイメージが、私が手掛ける製品に表れればと思いました」。彼女は釜山でどんな色とイメージをつかんだのだろうか。呉善姫代表が新たに見つめ、再解釈した釜山の三益ビーチタウン、甘川文化マウル、海雲台のカラーは、下記のホームページで確認できる。

エディットのホームページ  www.editseoul.com
by editのインスタグラム www.instagram.com/edit.seoul
August 2019 編集:金慧元
写真:安嘉濫 資料提供: 李東赫(イラスト)

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top