TRAVEL & EXPERIENCE

「ギャラリーN/A」にて、呉振赫 © 呉振赫

[INSIDER GUIDE] ギャラリー N/Aのオーナー、呉振赫が案内する個性豊かなソウル
鉄工所が並ぶ乙支路の路地には、独自の個性を発揮する場所がいくつも存在する。そのうちの一つが、コーヒーやアルコールも楽しめる「ギャラリーN/A」だ。オーナーの呉振赫はN/Aのすべての展示を企画するプランナーであると同時に、自身も写真家として活動している。芸術に格別な愛情とまなざしを注ぐ彼に、乙支路のギャラリーツアーをお願いした。あわせてソウルのお気に入りスポットも教えてもらった。では早速、ギャラリーN/Aからツアーをスタートしよう。
「ジェントリフィケーションが進む直前、ソウルの中心部だったエリア。乙支路にはソウルで一番古い商店が立ち並び、ぶっきらぼうながらも心を込めた料理を出す老舗がいくつもあります。一番ソウルらしい風景を見られる所です」
呉振赫
空間ヒョン

「空間ヒョン(兄)」

ギャラリーN/Aとあわせて訪ねるのにいいギャラリーは?
丹精込めた空間と展示をあくまでさりげなく提供する「商業画廊」、作業から作品へと変化する過程を目にできる「中間地点」、新たな形式のホワイト・キューブ「空間 ヒョン(兄)」、それと最後に、飲み物を頼むと一層親切に展示の説明をしてもらえる「乙支路OF」をおすすめします。
・商業画廊 ソウル市中区乙支路143
・中間地点 ソウル市中区乙支路14キル15 チャンヤンビル703号
・空間ヒョン ソウル市中区乙支路105 イファビル302号
・乙支路OF ソウル市中区乙支路15キル5-6 5階 
 
お気に入りのレストランは?
聖水洞の「第一」。まるでギャラリーで食事をしているような気分になります。
・第一 ソウル市城東区往十里路10キル9-9
アントラサイト

アントラサイト

「アントラサイト西橋店」

お気に入りのカフェは?
ソウルで一番静かなカフェ「アントラサイト西橋店」。
・アントラサイト西橋店 ソウル市麻浦区ワールドカップ路12キル11 
 
オリンピック公園

オリンピック公園

リラックスするのにいい場所は?
オリンピック公園には意外に多くの彫刻作品があります。近ごろは芝生に入っても大丈夫なようです。好きな作品の前にレジャーシートを敷いて寝ころべば、体も心も穏やかになります。
・オリンピック公園 ソウル市松坡区オリンピック路424
 
イラソン

「イラソン」

ポストポエティクス

ポストポエティクス

「ポストポエティクス」

お気に入りのショップは?
ポストポエティクス」には眺めるのにいいあらゆる種類の本がそろっています。セレクトもいいんです。海外で出版された本をベースにしています。写真専門書店の「イラソン」もよく行きます。韓国の小さな出版社の本から海外の有名書籍まで、オーナーの親切な説明を聞きながら見て回ることができます。
・ポストポエティクス ソウル市竜山区梨泰院路240
・イラソン ソウル市鍾路区孝子路7キル5
インスピレーションを得る場所は?
真夏の深夜2時、南山の素月キル(通り)。1年ほど解放村にいたことがあります。近所に住む友人宅からうちに帰る道がこの素月キルでした。ソウルを一望できる素月キルを歩いていると、あれこれ思いが巡ります。
ソウルでぜひとも買うべきものは?
海外の有名写真家の絶版本。(韓国では)写真集はあまり売れないのか、(海外では)入手困難な写真集も多いんですよ(笑)。
乙支路

鉄工所が立ち並ぶ乙支路の路地

一番ソウルらしい風景を見られる所は?
ここ、乙支路です。ジェントリフィケーションが進む直前、ソウルの中心部でした。ソウルで一番古い商店が立ち並び、ぶっきらぼうながらも心を込めた料理を出す老舗がいくつもあります。
呉振赫

ギャラリーN/A © 呉振赫

About Insider: ギャラリーのオーナーで写真家の呉振赫
簡単な自己紹介をお願いすると、呉振赫はまずこう言った、「とりたてて言うようなことは」と。だが、そばで見て分かったのは、彼が片っ端から何でもする人だということ。1年前からギャラリーN/Aで展示を企画しており、同名の出版社を運営して写真集や図録も作る。2018年11月、写真家ナ・インスの個展を皮切りに、フランス出身の画家マチュー・バーナード・マーティン(Mathieu Bernard Martin)、ファインアートのペ・ジェミンら、写真、絵画、インスタレーションなど幅広いジャンルの作品を展示した。最近ではファッションフォトグラファーのクァク・ギゴンの個展を終えたばかり。古い建物の痕跡を残した壁や展示空間の真ん中に置かれたベッド(今はないが)など、個性あふれる空間構成とデザインの隅々に彼の感覚が行き届いている。そして何といっても彼の本業は写真家、同時代の若いアーティストを機敏に追い、自身の一瞬一瞬の感情を写真で表現する人なのだ。彼が持ついくつもの顔のうち、ギャラリーN/A オーナーとしての呉振赫に迫った。


Q. ギャラリーN/Aを紹介してください。
A. 乙支路4街駅に近い製鉄団地の路地に立つ建物の2階と3階にあります。2階は展示スペースで、3階は作業場と小さい展示スペースとして使っています。テラスにはイスとテーブルを置き、作品だけでなくコーヒーも売ります。スペースを貸し出したり、小さな出版社として写真集や図録を作ったりもしています。
呉振赫

ギャラリーN/A

ギャラリーN/A © 呉振赫

Q. なぜギャラリーN/Aを始めることになったのですか。
A. 海外で働いていた時、ギャラリーや書店で作家の作品を時々買っていました。写真集もです。韓国にはそういう場所が多くないので自分で運営することにしたのです。私がオーナーなら割引もできますしね。

Q. 乙支路に店を構えた特別な理由がありますか。
A. N/Aがある製鉄団地の路地はずいぶんとにぎやかです。人々が立ち働き、鉄はひっきりなしに切られ、削られ、溶接されます。それがとても気に入りました。

Q. 作品を展示する作家の選定基準はありますか。
A. 正確には説明できないのですが、なぜかどうにも気になる、というのが一番大切です。作家が持つ魅力もです。

Q. ギャラリーN/Aを通して究極的に成し遂げたいことは何ですか。
A. 写真なり絵なりアート作品が飾られている自分の家のリビングで楽しむ、いつもの夕食。作品やアートブックを見ると気持ちが安らぐということを人々に知ってもらえれば、と思います。

Q. 個人的にしたい仕事があるとうかがいましたが。
A. 作家の意図と関係ない解釈による、20人以上のグループ展をしてみたいですね。
N/A

ギャラリーN/A © 呉振赫

ギャラリーN/A
住所 ソウル中区乙支路4街35 2、3階
電話 +82-10-2563-7499
インスタグラム www.instagram.com/nslasha.kr
February 2020 編集:金慧元
資料提供: 李東赫(イラスト)

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top