TRAVEL & EXPERIENCE

持続可能な旅のためソウルでできること
万年雪が溶けた場所に草木が生え、数カ月の間山火事が続く。地球を守り、環境を保護することは私たちの暮らしのあらゆる面で重要な課題となった。旅行においても同じだ。責任感のある旅人になるため、ソウルでできる持続可能な旅行に向けた活動を集めた。
따릉이

自転車シェアリングサービス「タルンイ」に乗って南山が見える漢江公園を走ろう。

「タルンイ」に乗って炭素の発生を抑える
旅行中に二酸化炭素(CO2)を削減するためできることは何だろう?公共交通機関を利用したり近い距離であれば徒歩や自転車で移動することだ。ソウル市が運営する公共自転車「タルンイ」を利用してみよう。会員登録なしでも利用することが可能だが、1回以上乗る予定ならインターネットサイトやスマートフォンのアプリから会員登録するとよい。会員登録すると、24時間以内であれば何回でも利用できる1日券を買うことができる。1日券は1時間券と2時間券から選ぶことができ、料金はそれぞれ1000ウォン(約90円)と2000ウォン(約180円)だ。7日間以内で何度も利用できる1、2時間券もある。利用券を購入したなら、さあ、タルンイに乗りに行こう。タルンイのアプリを活用すれば近くにあるレンタル場所(駐輪場)の位置が確認できる。自転車に乗って漢江の公園を走るのはソウルという都市を存分に楽しむ方法の一つだ。タルンイに乗って環境に配慮しながら、ひと味違うソウルの魅力を見つけてみよう。
タルンイホームページ www.bikeseoul.com
에코 트래블러

‘에코 트래블러 프로젝트’의 응모권이 담긴 상자

「エコトラベラープロジェクト」の応募券が入った箱

L7ホテルの「エコトラベラープロジェクト」に参加する
プラスチック使用の制限や削減と同様に、使用済みのプラスチック製品をリサイクルすることも重要だ。L7ホテルに滞在すれば、韓国での使用済みのペットボトルをリサイクルする方法の一つを知ると同時に、地球を救うプロジェクトに協力することができる。L7ホテルでは、必要のない物は買わない(Refuse)、ごみを減らす(Reduce)、再利用する(Reuse)、リサイクルする(Recycle)を意味する4R活動「リ:シンク(Re:think) エコキャンペーン」を行っており、プラスチックやビニールごみを削減することに力を入れている。また、スタイリッシュかつ実用的で持続可能なファッションを追求するブランド「プリーツママ(PLEATS MAMA)」と協力し、「エコトラベラー(Eco Traveler)プロジェクト」も行っている。エコトラベラープロジェクトは宿泊客が使用済みのペットボトルをリサイクルしバッグを作るプロジェクトだ。客室内に置かれている紙に書かれている指示に従ってキャップとビニールラベルを取り除いたペットボトルを応募券とともにフロントに持っていけば、ラゲージタグをもらうことができる。ペットボトルから作られたバッグは応募すれば抽選で当たる。プリーツママのリサイクルバッグは500ミリリットルのペットボトル16本から抽出した原糸で作られる。ペットボトルを捨てる時には素材が異なるキャップとビニールラベルを取り除かなければリサイクルできないという事実を忘れてはならない。
ロッテホテルホームページ www.lottehotel.com
마르쉐@의 농부시장

マルシェ@の農夫市場

마르쉐

マルシェ@の野菜市場

마르쉐@의 농부시장 © 마르쉐@

マルシェ@の農夫市場 © マルシェ@

都市型市場「マルシェ@」でスローフードを楽しむ
旬の食材を探し求める旅行者は「マルシェ@」に行ってみよう。2012年に始まったマルシェ@は、 生産者と消費者を直接結びつける農家中心の都市型市場だ。毎回一つのテーマを決めて開く。昨年にLHM9月号で紹介したことがある(「旬の味が集まる場所、マルシェ@」)。マルシェ@は都市と都市の近郊で栽培された農作物、持続可能で環境に負担をかけない農法、自家栽培の農産物、遺伝子組み換えの心配がない農作物を生産する農家、そして市場で販売することが難しい地方の小規模生産者たちが主人公だ。農家や生産者たちが直接農作物を販売するためとても信頼できる。ここでは持続可能な農作物を活用した料理や加工食品などを味見をして買うことができるため、食材の運送の過程で発生する炭素を減らすことができ、健康にも良いという一石二鳥の効果がある。マルシェ@は「農夫市場」と「野菜市場」の二つの市場を運営している。代表的な市場は毎月1回、第二日曜日にマロニエ公園で開かれる「農夫市場@恵化」で、地域の小さい市場というコンセプトの「野菜市場」は貞洞、聖水、合井でそれぞれ毎月1回ずつ開かれる。詳しい日程や変更事項は公式ホームページとインスタグラムを通じて告知される。
マルシェホームページ www.marcheat.net
マルシェインスタグラム www.instagram.com/marchefriends
더피커

다양한 곡물과 견과류로 채워진 그로서리 파트 © 더 피커

さまざまな穀物やナッツ類が豊富なグロサリーコーナー © ザ・ピッカー

더 피커 매장 전경 © 더 피커

ザ・ピッカーの売り場全景 © ザ・ピッカー

ゼロ・ウェイストに挑戦するライフスタイルショップでショッピング
「ザ・ピッカー(the Picker)」は、自然に優しい日常を送ることができるようにしてくれるゼロ・ウェイストショップ兼ライフスタイルショップだ。ここでは健康な消費が健康な地球をつくるという信念のもと、持続可能性と安全性などを考慮し、多様な製品を選んで販売している。天然のたわし、天然の石鹸、ソープナッツなどごみにならない日用品が充実しており、フェアトレードの生のカシューナッツ、ヒヨコマメなど20余りの穀物も購入することができる。もちろんゼロ・ウェイストショップらしく、ディスペンサーに入れられた穀物を、持ってきた容器に入れて持ち帰ることが可能だ。ザ・ピッカーは聖水洞の共有オフィスヘイグラウンド・ソウルの森店の9階にある。あちこちの路地に若者たちの個性あふれるショップがびっしりと並んでいる聖水洞を探索しながら、ザ・ピッカーにも訪れてみるとよいだろう。
ザ・ピッカーインスタグラム www.instagram.com/thepicker
May 2020 編集:金慧元
資料提供: 李東赫(イラスト)

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top