TRAVEL & EXPERIENCE

怖いけどスリル満点!
世界最高層のウオーキングブリッジが、韓国を代表するランドマークのロッテワールドタワーにオープンした。高さ541メートルのスカイブリッジの上をハラハラドキドキ、スリルを味わいながら歩けば、ソウルの広大な風景が見渡せる。
マカオのマカオタワースカイウオーク(233メートル)、上海・ジンマオタワーのスカイウオーク(420メートル)、トロント・CNタワーのエッジウオーク(354メートル)の共通点とは?

都心の超高層ビルで楽しむ野外アクティビティーという点だ。渓谷や山岳地帯でなくとも、都市の高いところから見下ろす特別な風景とスリル満点のアクティビティーを同時に楽しめるという魅力がある。安全ベルトだけを頼りに手すりのないタワーの野外スカイウオークを歩くスリルを満喫しようと、多くの旅行者がタワーを訪れる。

雲の上の散歩
ついにソウルでも高層ビルでアクティビティーを楽しめるようになった。場所は韓国を代表するランドマークと呼ばれるロッテワールドタワー。同タワーの展望台、ソウルスカイがタワーの最上端で世界最高層の刺激的なアクティビティー「スカイブリッジツアー」を開始したのだ。

スカイブリッジツアーは、ロッテワールドタワーの最上端のルーフにある、二つに分かれた構造物の間をつないだ橋を渡るアトラクションだ。常に体験型の展望台コンテンツを目指してきたソウルスカイプログラムの頂点といえる。

スカイブリッジの最大の特徴は、地上541メートルの高さのオープン型タワーブリッジからソウルの風景を一望できる点だ。これまでロッテワールドタワーのルーフは一般の観覧客に開放されていなかったが、今回のプログラムにより世界第4位、韓国最高層の建物最上端の上空を歩く刺激的な経験を楽しめるようになった。

スリルと感嘆を一度に
ツアーは最大12人が1組となり、1時間行われる。順番は次の通りだ。まずタワーの117階「スカイステーション」でツアーに関する安全教育を受け、装備を着用する。赤いジャンプスーツを着てヘルメットとハーネス(安全ベルト)をつければ最初の準備は完了だ。続いて118階の床がガラス張りになった「スカイデッキ」や120階の野外テラス「スカイテラス」など、展望台の主要施設についての案内を聞き、ソウルスカイ展望台を経て最上端の野外ルーフに移動する。

ようやく世界で最も高いスカイブリッジに到着する瞬間だ。タワーの分かれた構造物をつなぐ橋の長さは11メートル。普通に歩けば5秒もあれば十分な11メートルの上を、参加者は空を見ながら後ろ向きに歩いたり、腕を広げてジャンプしたりとさまざまなミッションを行いながらスリルを満喫する。

緊張感とスリルに慣れた頃、目に入ってくるのはソウル市内の超現実的な風景だ。天気がよければ視認距離は40キロに達し、運がよければ仁川の松島まで見える。この風景がさらに特別なのは、人の目と風景の間にガラス窓も何もないということだ。

ツアーの途中でブリッジに腰掛けたり、さまざまなポーズで記念撮影もできる。なかなかできない特別な体験だけに、記念写真とツアーの認定書は必ず手に入れよう。
 

新型コロナウイルス時代に安全で楽しく利用する方法
新型コロナウイルスの感染が拡大する中で参加者が安心して施設を利用できるよう、防疫と消毒も徹底されている。マスクの着用は必須で、入場客はサーモグラフィーで体温を測定した後に入場できる。地下2階の待合スペースでは1メートル以上間隔を空け、ダブルデッキエレベーター「スカイシャトル」に乗れる人数は通常の50%以下に制限されている。このほかにもさまざまな措置によって安全にツアーを利用できるよう工夫が続けられている。

入場料は展望台とスカイブリッジツアー、写真撮影とプリント費用を含めて1人10万ウォン(約9000円)。ソウルスカイ地下1階のチケット売り場で購入するか、オンラインで予約できる。

スカイブリッジツアーは、気象条件の悪い日や冬季など、利用できない時期を除いて毎週水曜日から日曜日の午後1時から7時まで行われる。満12歳未満の子どもと身長140センチ未満、体重120キロ以上の人は利用できない。血圧や心臓に異常があるか筋肉や骨格に疾患のある人、階段の上り下りが難しい人も利用できない。スカイブリッジツアーを目的にロッテワールドタワーを訪れる場合は、事前に営業日を確認しよう。
 

住所: ソウル市松坡区オリンピック路300ロッテワールドタワー
電話: +82-1661-2000
ホームページ: スカイブリッジツアー
 

ホテルと一緒に利用する
ロッテホテルワールドは、スカイブリッジツアーと都心でのホカンス(ホテル+バカンス)を楽しめる「ブリッジツアー・ウィズ・ワールド(Bridge Tour with World)」を発売した。スカイブリッジから鑑賞するソウルの風景はもちろん、ロッテホテルワールドの客室からスカイブリッジのスリル満点の展望を見上げれば一味違った楽しさを味わえる。価格はデラックスルーム1泊、朝食2人分、ソウルスカイ観覧とスカイブリッジツアーのチケット2枚で36万ウォン(約3万2500円、税・サービス料別)から。スカイブリッジツアーが1人10万ウォン(約9000円)であることを考えると、非常にお得なパッケージだ。予約は電話で可能。

住所: ソウル市松坡区オリンピック路240ロッテホテルワールド
電話: +82-2-411-7777
ホームページ: ロッテホテルワールド
 
September 2020 編集:鄭宰旭
資料提供: ロッテワールドアドベンチャー

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • September 2020
  • 編集: 鄭宰旭
  • 資料提供:
    ロッテワールドアドベンチャー
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top