TRAVEL & EXPERIENCE

© Visit Seattle/Howard Frisk Photography

シアトルで楽しむカヤック
アメリカ北西部の太平洋沿岸に位置するシアトルは、湾や湖、運河など水の恵みにあふれている。ここでパドリングを体験しないのは、この都市での大きな楽しみを逃すようなもの。さあ、穏やかな水面にカヤックを浮かべてパドルをこぎ出そう。
シアトルの人々は、日差しと波が穏やかな日は自然と湖や湾に足を向ける。週末はもちろん、平日でも仕事の後にパドリング(paddling)を満喫したりする。パドリングは地元民が気軽に楽しめるレジャーのひとつで、カヤックとカヌー、スタンドアップパドルボードがこれに当たる。中でもカヤックはカヌーよりもパドルをこぎやすく、乗りやすいという利点があるため、パドリングの初心者に人気が高い。
カヌーとカヤックの違いは簡単だ。カヌーは水をかくブレードが片方に付いたパドルを使って片側でこぎ、カヤックは両端にブレードがあるパドルを使用して両側でこぐ。カヤックはカヌーよりも幅が狭くて軽いため、運びやすい。
カヤック初心者なら、まずはレンタルショップが実施するガイドツアーに参加してみよう。簡単なこぎ方、安全ルール、地元で人気のパドリングコースを教えてくれる。都市のスカイラインをバックに楽しむサンセットツアーは人気のプログラムだ。ほとんどのレンタルショップはホームページに天気情報を載せており(日差しが強すぎる日や風が多い日は適さない)、ライフジャケットも貸してくれる。
初心者にもおすすめの、シアトルで人気のカヤックスポットを紹介する。

© Shutterstock

都市環境の中でカヤックを楽しめるユニオン湖
ユニオン湖は都市部に近く、水上からシアトルの美しいスカイラインを観賞できる。この湖で人気の訪問スポットがハウスボート(ボートハウス)コミュニティーだ。湖の東側と西側の湖畔に多種多様な特色あるハウスボートが並んでいるが、その中には私たちになじみ深いものもある。ずばり、映画「めぐり逢えたら」でトム・ハンクスが息子と暮らしていたあのハウスボートだ。ユニオン湖から別のエリアへ移動するには二つのルートがある。西側のピュージェット湾方面へこいでシアトル観光名所のバラード・ロックス(Ballard Locks)を通過するか、あるいは東側のワシントン湖(Lake Washington)方面へとこいでポーテージ湾とユニオン湾へ至るルートだ。
カヤックのレンタル・ツアー:ノースウエスト・アウトドア・センター

ユニオン湖でカヤック上から眺めたスペースニードル © Visit Seattle/Alabastro Photography

海水と淡水の水位の差を調節する水門、バラード・ロックス(Ballard Locks)はシアトルの名所の一つだ。カヤックに乗って通過できる。 © Visit Seattle/Alabastro Photography

ユニオン湖の北側の湖畔にあるガス・ワークス公園(Gas Works Park) © Visit Seattle/Alabastro Photography

隠れた宝石のようなスポット、ポーテージ湾とユニオン湾
シアトルのユニークな点は、都市の発展的な雰囲気と大自然の野生的な雰囲気が共存しているところ。まさにその魅力を存分に堪能できるコースが、ポーテージ湾(Portage Bay)とユニオン湾(Union Bay)だ。ユニオン湾とつながるワシントン湖はシアトルが属するキング郡で最も大きい湖で、最大長は実に35キロに達する。近くにはワシントン大学や地元民に愛されているワシントンパーク樹木園(Washington Park Arboretum)があり、樹木園の沿岸でのパドリングは島に囲まれているおかげで守られているような気分になる。ハクトウワシやビーバーといった野生動物を観察しながら水面に浮かぶスイレンの葉の間をこぎ進む、穏やかなパドリングが楽しい。
カヤックのレンタル・ツアー: アグア・ベルデ・パドル・クラブウオーターフロント・アクティビティーズ・センター

ユニオン湾からワシントン湖に向かうクルーズ船 © Visit Seattle/Alabastro Photography

さまざまな鳥類が生息するユニオン湾。晴れた日にはレーニア山も望める。 © Visit Seattle/Alabastro Photography

シアトルのオアシス、ワシントンパーク樹木園(Washington Park Arboretum) © Visit Seattle/ David Newman

初心者や家族連れに人気のワシントン湖
シアトルとベルビュー(Bellevue)の間にあるワシントン湖は、他のパドリングのスポットに比べて波が穏やかだ。イサクア・アルプスやカスケード山脈が見え、晴れた日にはレーニア山も望める。湖が大きいため、パドリングのスタート地点もいろいろだ。ヨットを主に扱い、カヤックのレンタルも行っているセイル・サンド・ポイント(Sail Sand Point)は、シアトル北東部のマグナスン公園(Magnuson Park)を選んでいる。マグナスン公園はシアトルでディスカバリー公園に次いで大きい公園だ。ここの湿地はアメリカコガラ、アンナハチドリなど約170種の鳥類の生息地として知られている。アメリカで人気のアウトドアブランド、アールイーアイコープ(REI Co-op)のパドリングはベルビュー側からスタートする。アールイーアイのカヤックツアーには、早朝にエナータイ・ビーチ公園(Enatai Beach Park)を出発してワシントン湖の夜明けを楽しむツアー、都市の湿地を探訪するツアーなどがある。
カヤックのレンタル・ツアー: セイル・サンド・ポイントアールイーアイコープ

アールイーアイコープ(REI Co-op)がワシントン湖で行っているカヤックツアー Courtesy REI Co-op

エキサイティングなシーカヤックを楽しむならエリオット湾
エリオット湾(Elliott Bay)はピュージェット湾の流域で、シーカヤックの醍醐味を味わえるスポットだ。代表的なスタート地点にアルカイ・ビーチ(Alki Beach)がある。ここはニューヨークのコニーアイランドに匹敵するほど地元民に愛されているビーチエリアだ。エリオット湾の最大のメリットは、美しくユニークなピュージェット湾の景色を楽しめること。前方にオリンピック山脈やさまざまな島が広がり、後方にはレーニア山を望む。沿岸から離れるにつれて、野生のアシカ、ゼニガタアザラシ、ミサゴ、カワウソなどが姿を現す。地元レンタルショップのアルカイ・カヤック・ツアーズ(Alki Kayak Tours)では、沿岸の灯台訪問ツアー、島々の景色を楽しめるサンセットツアーなどを実施している。
カヤックのレンタル・ツアー: アルカイ・カヤック・ツアーズ

シアトルの北西にあるシルショール湾(Shilshole Bay)とピュージェット湾 © Visit Seattle/Alabastro Photography

エリオット湾のアルカイ・ビーチにあるビーチバレーコート © Visit Seattle/Alabastro Photography

アルカイ・ビーチの西端にあるアルカイ・ポイント灯台(Alki Point Lighthouse) © Visit Seattle/Alabastro Photography

カヤック乗りの夢の地、サンファン諸島
シアトルから離れており、水上飛行機に乗らない限り日帰りでは行けないにもかかわらず、サンファン諸島(San Juan Islands)を外せない理由。それは、ここが世界的に有名なカヤックの聖地であるためだ。172の島からなるサンファン諸島は、アラスカを除くアメリカ本土で最も北西に位置しており、広大な太平洋と雪に覆われた山脈、大自然が織りなす景観が素晴らしい。世界で最も多様な生態系を持つ場所のひとつだが、ここで見ることのできる野生動物で特に有名なのがクジラだ。映画「フリー・ウィリー」(Free Willy)にも出てくる白と黒のツートンカラーが印象的なシャチ(orca whale)をはじめ、ザトウクジラ、マダライルカ、ミンククジラなどが生息している。
カヤックのレンタル・ツアー: サンファン・アウトフィッターズ

夕暮れ時のサンファン諸島 Photo by Mark Gardner © Visit Seattle/Rainshadow Photographics

シアトルでの滞在: ロッテホテルシアトル
2020年9月にオープンしたロッテホテルシアトルは、シアトルのダウンタウン5番街の中心部に建つ44階建てビルの中にある。ビルはガラス張りで、日が当たると周りの景色を一層明るく映し出す。創意あふれるモダンなムードの189室の客室デザインは、シアトルの美しい自然景観からインスピレーションを得た。周辺にはスペースニードルやパイオニアスクエア、パイクプレイスマーケットなどの観光スポットが集まっており、ロッテホテルシアトルはビジネスにも、観光にも適した宿泊先として注目されている。

住所 809 5th Avenue, Seattle, WA 98104
電話 +1-206-800-8110
ホームページ ロッテホテルシアトル
August 2021 編集:鄭宰旭
文:韓叡俊
資料提供: シアトル観光局, アールイーアイコープ

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • August 2021
  • 編集: 鄭宰旭
    文: 韓叡俊
  • 資料提供:
    シアトル観光局, アールイーアイコープ
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top