TRAVEL & EXPERIENCE

フラワーデザインスタジオ、ソンソンの代表でフローリストの沈ボラ © イラスト イ・ドンヒョク

[INSIDER GUIDE] フローリスト、沈ボラが案内する緑のソウル
ソウルをベースとするフラワーデザインスタジオ、ソンソンの代表であり、フローリストの沈ボラ(シム・ボラ)。彼女が家の外で出会ったソウルの緑の風景。
「ソウルは私が生まれ育った場所です。馴染みがありリラックスできる、私が本当に愛する都市です。ソウルのたくさんの山と都心のビルが調和した姿を見ると、特に美しいと感じます。流行に敏感で、変化の速いソウルに時にうんざりすることもありますが、それもまたソウルの魅力だと思います」
沈ボラ、フローリスト
경복궁 돌담 옆 산책길 © 일러스트 이동혁

景福宮の石垣横の散策路 © イラスト イ・ドンヒョク

お気に入りの散歩コースは?
景福宮はソウルの外せない名所です。それに、景福宮周辺はよい散歩コースでもあります。歩いているとカフェmk2、書店のイラソンなど、多彩なカフェや飲食店、ギャラリーを見つけることができるでしょう。そんな場所を探すこともささやかな楽しみです。
· 景福宮 ソウル市鍾路区社稷路161
季節を全身で感じられる場所は?
春、秋、冬に付岩洞をよく訪れます。カフェでコーヒーをテイクアウトして、ただ街を歩くんです。歩いていると、通りからその季節の香りが感じられます。付岩洞はソウルの中心にあるのに通りに人影がまばらで、ソウルらしくない雰囲気が漂っていて好きです。
· 付岩洞 ソウル市鍾路区彰義門路145(付岩洞住民センター)
앤트러사이트 합정 © 앤트러사이트, 일러스트 이동혁

앤트러사이트 합정 © 앤트러사이트, 일러스트 이동혁

アントラサイト合井 © アントラサイト、イラスト イ・ドンヒョク

よく行くカフェは?
アントラサイトによく行きます。ソウルにある全ての支店に行ったことがあると思います。なかでも、アントラサイト合井は高校時代に友達とよく行っていた思い出の場所でもあります。馴染みがあり、気楽なのでよく行くということもありますが、実はアントラサイトが好きな理由は店内のディテールにあります。支店ごとにコンセプトがはっきりしていて、客にそれが正確に伝わります。BGMも支店によって異なります。アントラサイト西橋では音楽をかけないのも好きです。レジを見えない場所に置いたり、低い位置に配置したりして客と視線を合わせようとするなど、細かいセンスが引き立つディテールが多いんです。
· アントラサイト合井 ソウル市麻浦区土亭路5キル10
· アントラサイト西橋 ソウル市麻浦区ワールドカップ路12キル11
好きなレストランは?
私はピザが好きなんです。おいしいピザを食べると幸せになります(笑)。アメリカンスタイルのオーブンピザとイタリアンスタイルの石窯ピザのどちらも好きですが、なかでもボニースピザパブのハワイアンピザをおすすめします。本当においしいですよ。イタリアンピザの中ではサルバトーレ・クオモが一番ですが、閉店してしまい残念です。
· ボニースピザパブ ソウル市竜山区新興路3キル2
必ず食べるべきものは?
市庁の近くにある高麗参鶏湯をおすすめします。本当においしいです。必ず召し上がってみてください。
· 高麗参鶏湯 ソウル市中区西小門路11キル1
산과 빌딩, 전통과 현대가 어우러진 광화문 © Mongkol chai, Shutterstock.com

山とビル、伝統と現代が調和した光化門 © Mongkol chai, Shutterstock.com

最もソウルらしい風景は?
時々、山とビルの林が調和した光化門を見ると妙な気分になります。山とビルがこうして共存しているなんて(良い意味で)本当に奇妙で素敵です。
隠れた宝物のような場所は?
南山に上る道です。実は誰もが知る場所ですが、本当にソウルの宝物のような場所だと思います。いつ行っても楽しめます。木が多く、歩きやすい道だからでしょうか。
· Nソウルタワー ソウル市竜山区南山公園キル105
植物を購入できる場所は?
良才洞の花卉(かき)共販場をおすすめします。ここには生花市場もあり、鉢植えのハウスもあります。観葉植物、蘭、盆栽、ワイルドフラワーなど幅広い品ぞろえで、誰でもお気に入りの植物や鉢を選ぶことができます。
· 良才洞花卉共販場 ソウル市瑞草区江南大路27
식물관PH © 식물관PH

식물관PH © 식물관PH

植物館PH © 植物館PH

プランテリアがおしゃれな場所は?
複合文化空間の植物館PHでレッスンを受け持ったことがあります。その時、高い天井と苔が引き立つテラスの自然光に一目ぼれしました。
· 植物館PH ソウル市江南区広平路34キル24
インスピレーションを与えてくれる場所は?
鍾路区にあるギャラリー。一人で展覧会を見に行くのが昔からの趣味です。最近は新型コロナウイルスのせいであまり行けませんが、国立現代美術館、アートソンジェセンター、国際ギャラリーなどが集まっている静かな鍾路区が好きです。ホテルや百貨店もインスピレーションを与えてくれる場所です。さまざまな商品のデザイン、そして空間の床材やオブジェ、BGM、ランドスケープ、人々のアティテュードまで、小さなディテールからインスピレーションを得ます。メニューのデザインやショーウインドーの色、配置などを見るのも大好きです。
© 스튜디오 선선

© スタジオソンソン

About Insider: ソウルで植物とともに暮らすこと
ソウルには山が多い。標高836メートル(白雲台)の北漢山を含め、100以上の山がある。しかし、都心に立ち並ぶビルにより、山の存在は忘れられがちだ。もちろん、フローリストの沈ボラには当てはまらない。花と植物を最も美しく見せる彼女は、どこであっても緑の美しさを発見する。山とビルが調和した風景が最も美しいと話す沈ボラは、ソウルをベースとするフラワーデザインスタジオ、ソンソンの代表だ。2018年、厚岩洞にスタジオソンソンをオープンして以来、さまざまなレッスンやランドスケープ、フラワースタイリング作業を続けてきた。
Q. スタジオソンソンについて紹介してください。
A. ソンソンは切り花と根がある草本、木本類を素材に、さまざまな配列を利用した教育プログラムや制作作業を行うスタジオです。自分に、または他人に気持ちを伝えられるようにサポートし、花が持つ始まり(つぼみ)と終わり(枯れる)の美しさをお見せしようとしています。
© 스튜디오 선선

© スタジオソンソン

Q. 「ソンソン」とはどういう意味ですか?
A. ソンソンという名前は、線(Line)から始まりました。線が好きなんです。ソンを英語読みにすると太陽(Sun)という意味にもなり、心を集中し、静かに考える禅という意味がある点にも惹かれました。「ソン」という音節に込められる意味が全て気に入ったので「ソンソン」と名付けました。

Q. 制作作業をするときに重要だと考えていることは何ですか?
A. 花と植物が最も美しく見える色と配列です。単純で整頓されたイメージが好きな私の趣味を、そのまま反映しているといえます。また、生き物ですからより長く鑑賞できるようにすることにも気を配っています。作業をする者にとって、花と植物はどんな素材よりも魅力的です。
스튜디오 선선에서는 다양한 수업을 진행한다. © 스튜디오 선선

스튜디오 선선에서는 다양한 수업을 진행한다. © 스튜디오 선선

スタジオソンソンでは、さまざまなレッスンを行っている。© スタジオソンソン

Q. 切り花を利用したレッスンだけでなく、石付け盆栽、木付け盆栽などさまざまなレッスンを行っているのには特別な理由があるのですか?
A. レッスンをするのが本当に楽しいんです。まるでコンサートをしているような気分になります。レッスンを通じて自分が知っていることを最大限たくさん教え、共有したいのです。レッスンを企画し、デザインを構成し、セッティングする全ての過程に真心を込め、無事に終わったときには喜びがあります。だからさまざまな方法でレッスンを行っているんだと思います。

Q. 花と植物を扱う生活はいかがですか?
A. まずは勤勉でなければ務まりません。早朝に生花市場に行って仕事をしなければならないし……つらいですが、楽しくもあります。みんなが寝ているときに動く面白さとでもいうか(笑)。私は人生の大層な計画や目標はありません。ただ、この仕事を長く続けたいです。自分の暮らしとソンソンのバランスをうまく取りながら、一日一日を過ごしたいです。
© 스튜디오 선선

© スタジオソンソン

Q. この時代、私たちにとって花と植物は必要でしょうか?
A. 植物が与えてくれる力は確かにあります。自分が育てた植物から芽が出て花が咲く時に得られる幸福感は、思ったより大きいものです。植物を通じて、小さな生命がくれる大切さや美しさを感じてもらえればうれしいです。

スタジオソンソン
住所
ソウル市江南区宣陵路132キル5 5階
ホームページ sunsun.best
インスタグラム www.instagram.com/sunsun_official
 
September 2021 編集:金慧元
資料提供: 李東赫(イラスト)

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top