TRAVEL & EXPERIENCE

[LOCAL TOUR] 釜山・海雲台のビンテージマンションにあるものは?
韓国南部・釜山への旅で海雲台の人気エリア、ヘリダンキルにあるビンテージマンションを訪れた。ここには特別なショップがある。
海に面した海雲台と広安里、機張、影島一帯は、多くの人が訪れる旅行地だ。遠方から来た人はレンタカーでおいしい店やおしゃれなカフェを回る。また、海の写真を撮ってインスタグラムに投稿する。なかでも海雲台のヘリダンキルは、海辺でないにもかかわらず若い旅行者に人気のエリアだ。

マンションが多い海雲台
今は廃駅となった海雲台駅を挟み、海側と反対側の烽台山方面とでは雰囲気が異なる。海雲台の海辺には高層ビルやマンション、高級ショップが集まっているが、駅の裏側は文字通り庶民が暮らす町で、数年前からヘリダンキルと呼ばれるようになった。ここにはかわいらしく個性的なショップやグルメスポットが点在している。
ヘリダンキルという町が知られるようになってから長年経つが、ここが独特なのは多くのショップがマンションの1階やマンション内の商店街にあることだ。英語で「大きな邸宅」という意味のマンション(mansion)は、韓国では以前は小規模な団地という意味で使われていた。今では多くが姿を消したが、釜山には今もマンションという名前がついた共同住宅が少なくない。なかでもヘリダンキル一帯には、マンションを中心にさまざまなショップが集まっている。

❶ 佑一マンションのロンドン商会とワールケット

住居表示上、ヘリダンキルは海雲台区佑1洞と呼ばれる。そのため、この一帯には佑一市場、佑一マンションなど佑1がつく名前が多い。佑一マンションには小さくかわいらしいショップやレストラン、カフェがいくつかあり、そのうち代表的なショップはロンドン商会とワールケットだ。

ロンドン商会は、10年以上英国に住んでいたオーナーが普段からマキシマリズムをモットーに集めてきたさまざまなアクセサリーや器、小物などを釜山に持ち帰ってオープンした雑貨店だ。なかなか手に入らない異国的でかわいらしい雑貨をはじめ、ロイヤルコペンハーゲンなどのビンテージ花瓶や器、モレスキンの旅行ガイドや古着などがある。新型コロナウイルスの感染拡大で現地に行けず、商品が大幅に減ったが、それでも欲しくなる品物が多い。イギリスから韓国に一時帰国したオーナーが、ひょんなことからヘリダンキルに魅了され、店まで開いてしまった。コロナの影響が長期化しているが、店を訪れる客と話すのが楽しいというオーナーの気持ちがロンドン商会を維持するモチベーションの8割を占める。小さなショップは、オーナーのユニークな審美眼で選ばれた雑貨で埋めつくされている。

ワールケットはヘリダンキルに二つあるワイン専門ショップのうち一つで、もう一つはソウルにあるユアネイキッドチーズの支店だ。食品よりはワインを専門とするワールケットの強みは、オーナーが自ら選んだワインリスト。会社勤めをしながらもワイン愛が高じて始めた店ということで、多種多様なワインが片側の壁いっぱいに並んでいる。カジュアルなワインのパッケージがブルー、ホワイトと調和し、店内の色彩をさらに豊かにする。海雲台に遊びに来たついでに立ち寄る客が多く、高価なビンテージワインよりはトレンディーで手頃な個性あるワインが中心となっている。なかでもスイートなスパークリングワインや白ワインが人気だ。

佑一マンション釜山市海雲台区佑洞1路38番ギル11
ロンドン商会 www.instagram.com/ldnmarket_
ワールケット www.instagram.com/warrrket
❷ アリムビーチマンションのセンティモンスタジオとトンベクアガシ

アリムビーチマンションは、ヘリダンキルの入り口にある「共にヘリダンキル」案内オブジェのすぐ向かい側にある共同住宅だ。マンションの後ろにそびえる烽台山の低い頂上が一望できる。アリムビーチマンションには、佑洞1路37という住所を共有する小さな平屋建ての建物がある。ここには文具やポスターを売るセンティモンスタジオと、ツバキの花のように華やかで美しいケーキを作るケーキ専門店のトンベクアガシ(椿姫)がある。

センティモンスタジオでは、美術を専攻したオーナーがデザインしたプランナーやダイアリー、旅先で自ら撮影したフォトスタンドや海外の珍しい文具類、オリジナルプリントのポスターなどを販売している。この店のプランナーやダイアリーは実用性とデザインの両方を兼ね備えており、好みに応じて使うことができる。富士フイルムのデジタルカメラ、X100で撮った旅先の写真は撮影者の特別な視線と感性が際立つだけでなく、インスタ映えしながらも高いクオリティーを誇る。旅に出てその土地をカメラに収め、ポスターや色々な文具を作るプロセスを通じて、センティモンスタジオの文具類はさらにバラエティー豊かになる。

インスタグラムで「トンベクアガシ」と検索すると、最も多く表示されるのは満開の花をかたどったケーキの写真。この店が作るケーキが広く愛されているという証拠だ。ここでは100%予約制でケーキを販売している。一番人気のシグネチャーケーキ目当ての客があまりに多いため、小さなサイズで少し作っておくが、いつも数時間も経たないうちに完売してしまう。希望する花や色を事前に伝えておけば、可能な限り注文に合わせてケーキを作ってくれる。華やかなデコレーションケーキには主にバタークリームが使われることが多いが、この店では全て生クリームを使用している。

アリムビチマンション釜山市海雲台区佑洞1路37
センティモンスタジオ www.instagram.com/sentiment_shop
トンベクアガシ www.instagram.com/_camellia_lady_
❸ ヘリダンキルのバーガーショップとパルガントッポッキ

ヘリダンキルにはトレンディーな手作りバーガーやデザートショップから、老舗のトッポッキやテジクッパまでおいしい店が集まっている。このうち、手作りバーガーで有名なバーガーショップと釜山のトッポッキの象徴といえるパルガン(赤い)トッポッキには、いつも長蛇の列ができている。
海雲台のバーガーショップは、釜山で最も成功した手作りバーガー専門店の一つだ。ヘリダンキルにヘリダンキルという名前がつく前にオープンし、バーガーを作ってきた。この店の強みは、米国で食べたらこんな味ではないかと思うほどオリジナリティーの強いバーガーだ。バーガーショップのクラシックバーガーはパティの肉汁や材料、キャラメライズしたタマネギやパティを挟んだバンズの食感まで、シンプルな組み合わせにもかかわらず最もアメリカらしい味を実現している。その上、120gのパティは1等級の韓牛(韓国在来種の牛)100%で作られている。ソウルでも今年初めから1年間限定のポップアップストアが営業中だ。

パルガントッポッキは海雲台が誇る老舗粉食店で、40年以上にわたりトッポッキを作っている。営業時間が決まっておらず、少しでも到着が遅れれば目にすることになる「材料切れのため閉店」という案内が恨めしくなるほど人気のトッポッキ専門店だ。赤いのに全く辛くないソースと味が染みた弾力のあるカレトック(棒状の餅)を味わえば、今までのトッポッキの固定観念がすっかり取り払われる。実際に、インスタグラムには「人生最高のトッポッキ」という賛辞があふれている。当然とはいえトッポッキの餅がこれほど重要な存在だという事実を改めて認識し、快哉(かいさい)を叫ぶことになる。
バーガーショップ www.instagram.com/burgershopbusan
パルガントッポッキ釜山市海雲台区佑洞1路20番ガギル4
❹ マンションではないマンション、大林マンション

海雲台駅から海辺に向かい、海雲台区庁を過ぎると、道路の向こう側にぽつんとたたずむ1棟のマンションが目に入る。名前は「大林マンション」。建物の入り口の立て看板には「マンション」と書かれている。確かに長い歳月の痕跡が残っているが、古びてはいないマンションの中には面白い店やギャラリーがいくつか集まっている。代表的なのがギャラリーERD釜山店とライフスタイルビューティーブランド、ノンフィクションの釜山ショールーム、そして釜山で指折りのタルト専門店、タルトフーリガンだ。

マンションは基本的に住居施設であるため、人が住んでいる。ノンフィクションの入口に、訪問客に対して静粛とマナー順守を求める案内があるのもそのためだ。ノンフィクションはソウルにオープンして以来、急速に成長しているライフスタイルビューティーブランドだ。よい香りの香水やフレグランス製品、ボディー用品、ソープなどを主に販売している。
ソウルの漢南洞と聖水洞に続いて釜山にショールームを開いたが、海雲台にある洗練された商業ビルや複合施設のセンタムシティーではなく、大林マンションにオープンしたということ自体がブランドの目指すところを推察させる。すっきりとして無駄のない店内と製品が調和しており、海雲台を訪れた観光客が大林マンションにわざわざ足を運ぶ理由の一つはノンフィクションのためだ。2、3階にショールームがあり、3階は無人のアンタクト(非対面)ルームとして営業している。

ギャラリーERDは、もともとソウルの梨泰院で同時代の現代美術家やデザイナーの作品を紹介していたギャラリーだ。アジア初の「ハウス・オブ・フィン・ユール」であるERDは、デンマークの家具デザインの黄金期を築いたデザイナー、フィン・ユールの家具を公式に紹介する役割を果たしている。2020年にオープンしたギャラリーERD釜山店は、海雲台の真ん中にあるという利点を生かしてより直観的で気軽に鑑賞できる作品を主に紹介している。7月まではアニメーションのイメージを根幹とし、入道雲をイメージ化した画家のクンホの個展が開かれていた。8月からは、シンプルながらも反復的な線と強烈な色彩でユニークな絵を完成させるカン・ソクヒョンの個展が開催中だ。

ソウルに負けず劣らず、釜山にも多くのグルメスポットがある。なかでも、海雲台では伝統的な老舗と新たにトレンドを反映したレストランが共存している。デザートショップも当然多い。そんな中で大林マンション1階に出店したタルトフーリガンは、かなり有名なタルト店だ。かわいらしい赤ん坊のイラストをロゴにしたこの店は、旬のフルーツタルトが人気メニュー。ナッツやチーズの他にフルーツを旬に合わせて使い、訪れるたびにさまざまなフレッシュフルーツのタルトを味わえる。近くにデザート店が多いのに客足が絶えない様子から、タルトフーリガンの人気ぶりがうかがえる。
 
大林マンション釜山市海雲台区海雲台海辺路302
ギャラリーERD galerieerd.com
ノンフィクション釜山 www.instagram.com/official.nonfiction
タルトフーリガン www.instagram.com/tart_hooligan

釜山での滞在: ロッテホテル釜山とシグニエル釜山
釜山・西面近くに位置するロッテホテル釜山では華やかなシティービューを楽しめる。モダンな感覚とデザインが生かされており、プライベートな休息とゆとりのひと時を過ごせる。旅行の目的に応じた部屋選びができる約650室の客室とさまざまなジャンルのレストランは、釜山旅行の特別な思い出作りに一役買うことだろう。
シグニエル釜山はシグニエルソウルに続く、ロッテのプレミアムブランド「シグニエル」の2号店。海雲台のランドマークであるエルシティ(LCT)タワーにあり、260室の客室を有する。広安大橋を望む海雲台の幻想的なオーシャンビューが自慢。ミシュラン3つ星シェフのブルーノ・メナール(Bruno Menard)が監修したメニューなど、世界トップレベルのグルメを味わえる。
ホームページ ロッテホテル釜山シグニエル釜山
September 2022 編集:鄭宰旭
写真:金晙

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • September 2022
  • 編集: 鄭宰旭
  • 写真: 金晙
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top