TRAVEL & EXPERIENCE

ロシアのロッテホテル4軒
モスクワ、サンクトペテルブルク、ウラジオストク、そしてサマーラ。ロシア各地で最高のホテルとして定着したロッテホテルを紹介する。
「ロシア」と言えば何が最初に思い浮かぶだろう。世界の面積の6分の1を占める最も広い国、あるいはトルストイやチェーホフといった大文豪を輩出した国、もしくはチャイコフスキーとバレエの国?昔から、ロシアには文化や芸術のイメージが強い。だが最近、首都モスクワや第2の都市サンクトペテルブルクだけでなく、東アジアとつながる港湾都市ウラジオストク、「ロシアの文化ハブ」と呼ばれるサマーラなどがホットな観光地として注目を集めている。

1Samara

ロッテホテルサマーラのロビー

サマーラ初の5つ星ホテル、ロッテホテルサマーラ
「ロシアの軸」と呼ばれるヴォルガ川が流れ、20世紀以降、ロシアの重工業と交通、貿易の中心地となってきたサマーラ。サマーラ国立バレエ劇場、サマーラ国立フィルハーモニック・ホールなど数々の劇場を含め20を超える美術館や博物館があり、ロシアの文化と歴史のハブとも呼ばれる。そのサマーラで2018年5月、特筆すべき出来事があった。サマーラ初の5つ星ホテルであり、ロッテホテルの三つ目の海外委託経営ホテルともなるロッテホテルサマーラが開業したことだ。同ホテルは「ヨーロッパ最大の広場」として知られるクイビシェフ広場の向かいに位置し、サマーラ国立フィルハーモニック・ホールやオペラ劇場などの文化施設が近いため、観光に便利がいい。

ロッテホテルサマーラのロイヤルスイート

ロッテホテルサマーラ・ロイヤルスイートのベッドルーム

ロッテホテルサマーラのスパ

ロッテホテルサマーラの客室はスーペリア、デラックス、ジュニアスイート、スイート、プレジデンシャルスイートなど全193室。プレジデンシャルスイートルームは面積145平方メートルと、サマーラのホテルの客室としては最大を誇る。客室はアールデコ様式を現代風にアレンジした上品かつ洗練されたインテリアでまとめられ、サマーラのランドマークであるヴォルガ川の眺めが印象的だ。付帯施設としては、最大1400名を収容できるサマーラ最大規模のボールルーム、クリスタルボールルームをはじめ実に12の宴会場を備えている。ウェディングホール、ラグジュアリーな屋内プール、フィットネスジムなども完備する。

ロッテホテルサマーラのテラッツァレストラン

また、テラッツァレストラン(Terrazza Restaurant)ではサマーラの市街地を眺めながらロシア伝統料理や地中海料理、アジア料理などバラエティ豊かなメニューを楽しめる。魚介と肉を一度に味わえるサーフ&ターフ(Surf & Turf)が特におすすめだ。1階にあるロビーラウンジでは、多彩な料理とソムリエが世界中から選りすぐったワインのマリアージュを心ゆくまで楽しめる。
お問い合わせ : ロッテホテルサマーラ

2Moscow

ロッテホテルモスクワの全景

ロシアで得た最初の名声、ロッテホテルモスクワ
2010年9月開業のロッテホテルモスクワは、ロッテホテルだけでなく韓国のホテルブランドとして最初の海外チェーンホテルとなった。同時に、ロシアに開業した最初のアジアブランドホテルとして歴史的な一歩を踏み出した。それから8年が過ぎた今、ロッテホテルモスクワは旅行マガジン「コンデナスト・トラベラー」から2年連続で「ロシアのベストシティホテル」に選定されるまでになり、トニー・ブラクストン、アヴリル・ラヴィーンら世界的なポップスターやロシアの1%の最上流層に選ばれるホテルに成長した。

ロッテホテルモスクワのロビー

ロッテホテルモスクワのエントランス

ロッテホテルモスクワのアトリウムスイート

ロッテホテルモスクワのロイヤルスイート

ロッテホテルモスクワのレストランOVO

クレムリン(大統領府)やボリショイ劇場に近いニューアルバート通りに面しており、総面積7117平方メートルの地下4階、地上10階建て。客室数は304室に上る。ロビーには高さ13メートルほどのシャンデリアが設置されており、ロシアの庭園を現代風にアレンジしたアトリウムガーデン、高級感のあるマンダラ・スパ、六つの宴会場などを備える。また、イタリアのミシュラン二つ星シェフ、カルロ・クラッコ(Carlo Cracco)のレストラン「OVO by Carlo Cracco」や、ニューヨークスタイルのフュージョン日本料理店「メグミ」(MEGUmi)など四つのダイニングで美食を堪能できる。
お問い合わせ : ロッテホテルモスクワ

3Saint Petersburg

ロッテホテルサンクトペテルブルクの全景

ヨーロッパへの「橋」、ロッテホテルサンクトペテルブルク
ロシア第2の都市であり、運河が多いことから「北のベネチア」とも呼ばれるサンクトペテルブルク。5つ星ホテルのロッテホテルサンクトペテルブルクは2017年9月、ロシアで二つ目のロッテホテルとして開業した。サンクトペテルブルクで最も有名な名所、聖イサアク広場の向かいに位置し、近くには世界屈指の美術館であるエルミタージュ美術館やマリインスキー劇場があるため観光の拠点としても最適だ。

ロッテホテルサンクトペテルブルクのロビー

地下1階、地上6階建てでスーペリア、プレミア、ヘブンリースイート、スーペリアスイート、プレミアスイートなど10タイプの客室全150室を備え、インテリアのコンセプトはクラシック、モダン、エレガントなど客室ごとに異なる。ダイニングは創作日本料理の店「メグミ」のほか、朝食から夕食まで利用可能なオールデイ・ダイニングレストラン「ザ・ラウンジ」があり、6階のオープンバー「L Terrasa」ではバラエティ豊かなドリンクとともにサンクトペテルブルクの美しい白夜を鑑賞できる。

Video © Lotte Hotel St.Petersburg

4Vladivostok

ロッテホテルサンクトペテルブルクの全景

最も近いヨーロピアンホテル、ロッテホテルウラジオストク
韓国の仁川国際空港からわずか2時間半ほどで到着するロシア極東最大の港湾都市、ウラジオストクにもロッテホテルがある。ロッテホテルウラジオストクは2018年7月に開業したロシアで四つ目のロッテホテルで、ウラジオストクでは唯一の5つ星ホテルだ。ウラジオストクの中心地に位置し、海洋公園、アルバート通り、国立沿海地方博物館など主な観光スポットへ徒歩10分以内で行けるため利便性が高い。

ロッテホテルサンクトペテルブルクのスタジオスイート

ロッテホテルサンクトペテルブルクのカフェランデブー

客室は一般客室2タイプとVIPのためのプレジデンシャルスイートなどスイートルーム6タイプの全153室で、室内はロッテホテルならではのモダンで上品なインテリアでまとめられている。オールデイ・ダイニングレストラン「カフェ・ランデブー」(Cafe Rendezvous)が2階にあるほか、ロシアのロッテホテルで唯一の韓国料理レストラン「ヘグムガン」では韓国伝統文化を取り入れたモダンな雰囲気の中でカジュアルな韓国料理を味わえる。また、最上階の12階にある「スカイバー・パシフィック」(Sky Bar Pacific)では、金角湾のロマンチックな夜景を眺めながら数十種類のワインやウイスキーを堪能できる。
January 2019 編集:河在暻
文:李時雨
資料提供: ロッテホテル

Where to stay?

LOTTE HOTELS & RESORTS
  • 트위터로 공유
  • 페이스북으로 공유
  • 핀터레스트로 공유
  • 링크URL 공유
top